平田昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平田 昇
Noboru Hirata.jpg
生誕 1885年12月1日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1958-05-19) 1958年5月19日(72歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 日本海軍
軍歴 1906年 - 1945年
最終階級 OF-7 - Kaigun Chujo (collar).gif海軍中将
テンプレートを表示

平田 昇(ひらた のぼる、1885年12月1日 - 1958年5月19日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

東京出身。平田東助伯爵の二男として生まれる。東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を経て、1906年11月、海軍兵学校34期)を卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。

1912年12月、海軍水雷学校高等科を卒業。霧島分隊長、海兵教官などを歴任し、1920年11月、海軍大学校(甲種18期)を卒業。以後、第1艦隊参謀山階宮武彦王付武官、「金剛」副長、海軍省教育局第2課局員などを歴任。

1927年12月、「韓崎艦長となり、さらに海軍潜水学校教頭、「那智」艦長、佐世保人事部長などを歴任し、1933年11月、海軍少将に進級。以後、第1潜水戦隊司令官、侍従武官などを経て、1937年12月に海軍中将となる。その後、佐世保鎮守府司令長官、第6艦隊司令長官、南遣艦隊司令長官、横須賀鎮守府司令長官、軍事参議官などを歴任し、1943年3月、予備役に編入された。その後、帝国在郷軍人会副会長を勤めた。

エピソード[編集]

  • 終戦時、平田は「開戦のときも終戦のときと同様におやり頂けたら宜しかった」とポツリと述べたという。その言葉を聞いた昭和天皇は「平田は日本の憲法を知らんよ」と述べたという。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。

関連項目[編集]