平田寛 (美術史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平田 寛(ひらた ゆたか、1931年1月3日 - 2013年9月14日)は、日本の美術史学者、九州大学名誉教授

来歴[編集]

佐賀県生まれ。九州大学文学部卒、同助手、奈良国立文化財研究所員、1971年九大文学部助教授、1978年教授。1995年定年退官、名誉教授、長崎純心大学教授。1994年「絵仏師の時代」で國華賞、95年島田賞受賞、96年に九大文学博士日本学士院賞受賞。2004年1月に講書始で「絵仏師」を進講。

2013年09月14日午後09時35分、ぼうこうがんのため、自宅で死去[1]。82歳没。

著書[編集]

  • 『絵仏師の時代』中央公論美術出版 1994
  • 『ふうじん帖 美術史の小窓』中央公論美術出版 1996
  • 『絵仏師の作品』中央公論美術出版 1997
  • 『九州美術史年表 古代・中世篇』九州大学出版会 2001
  • 『九州美術史の途』長崎純心大学博物館 2001
編纂
  • 『図説日本の仏教 第1巻 奈良仏教』責任編集 新潮社 1989

参考[編集]

典拠[編集]

  1. ^ 九州大名誉教授の平田寛さん死去 有名人の葬儀 2013年9月18日