平為盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平 為盛(たいら の ためもり、生没年不詳)は、平安時代末期の武将。平頼盛の次男。子に駿河守俊盛?。

安元元年(1175年)12月に紀伊守養和元年(1181年)7月に加賀守に任ぜられる。兄平保盛と共に同年9月には熊野討伐に出陣し、寿永元年(1182年)には諸国追討計画(未実施)で南海道方面大将に任ぜられた。

源平盛衰記』には、寿永2年(1183年)5月12日、倶利伽羅峠の戦い木曾義仲の部将樋口兼光によって捕らえられて斬首となったり、または岡田久義源親義の次男)と一騎討ちして、討死したとも記されている。

だが、延慶本『平家物語』には、平家都落ち後に解官された一門として右兵衛佐為盛の名が認められる。

愚管抄』では、為盛は都落ちに際して父・頼盛の使者を務めたと記述されており、平家滅亡後の元暦元年(1185年)9月、従四位上に叙され[1]建保6年(1218年)には、将軍源実朝左近衛大将任官に際し、鎌倉に下向し、鶴岡八幡宮拝賀に付き従っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 山槐記』元暦元年9月18日条
  2. ^ 吾妻鏡』建保6年6月21日、6月27日条

参考文献[編集]

佐々木紀一「桓武平氏正盛流系図補輯(上)」(『国語国文』第64巻第12号、1995年12月

関連項目[編集]