平瀬城久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平瀬 城久(ひらせ くにひさ、1979年2月21日 -)は富山県出身の金沢競馬場黒木豊厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は胴黄・青一本輪、袖青。実弟は競艇選手平瀬城啓

来歴[編集]

1996年9月29日付けで地方競馬騎手免許を取得。同年10月6日第14回金沢競馬4日目第4競走サラ系C2(3組)条件戦トヨサンマイガールで初騎乗(6頭立て4番人気2着)。同年10月15日第15回金沢競馬3日目第3競走サラ系C4(3組)条件戦をレジェンドピューマで優勝(9頭立て4番人気)し、初勝利。

1997年9月23日第12回全日本新人王争覇戦出場(12人中5位)[1]

1998年地方競馬通算100勝達成。

2001年7月1日第20回オールジャパンリーディングジョッキー優勝(12人中)[2]

2002年10月12日第4回京都競馬3日目第11競走デイリー杯2歳ステークスでオペラコロナリーに騎乗(13頭立て13番人気12着)し、中央競馬初騎乗。

2003年地方競馬通算500勝達成。

2004年センジュチカラに騎乗し、日本海ダービーMRO金賞サラブレッド大賞典を優勝し、当時の金沢競馬三冠を達成した。

2007年10月29日第15回金沢競馬2日目第4競走C44条件戦をインサイドアウトで優勝(9頭立て2番人気)し、6010戦目で地方競馬通算800勝達成[3]

2009年地方競馬通算900勝達成。

2010年1月29日から6月30日までの予定で韓国・釜山競馬場で期間限定騎乗を行い、同年1月31日の第2競走を優勝、騎乗2日目9戦目で海外初勝利を挙げた。

2017年1月1日から3月3日まで、南関東競馬で期間限定騎乗を行った。所属は大井競馬場・立花伸厩舎で、同年2月16日の大井競馬第7競走で期間限定騎乗中の初勝利を挙げた。

地方通算成績は7127戦943勝・2着901回・3着842回・勝率13.2%・連対率25.9%(2010年8月17日現在)

中央競馬3戦0勝

脚注[編集]

  1. ^ 9R 全日本新人王争覇戦(中央騎手招待) C1 - JBISサーチ
  2. ^ オールジャパン リーディングジョッキー - えるえるさいず
  3. ^ 金沢の平瀬城久騎手、地方通算800勝達成 - netkeiba.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]