平瀬城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
平瀬城
長野県
平瀬城主郭部
平瀬城主郭部
城郭構造 山城、居館
築城主 平瀬氏
主な城主 平瀬氏原虎胤
廃城年 1553年
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 なし

平瀬城(ひらせじょう)は、長野県松本市にあった日本の城

概要[編集]

平瀬城は小笠原氏の家臣平瀬氏の城であった。小笠原長時天文19年(1550年)、武田晴信に攻められて本城である林城を捨ててこの平瀬城に撤退し、その後、村上義清を頼り葛尾城に落ちていった。砥石崩れにより武田氏は村上方に敗れたが、その機会に再び小笠原長時は村上義清の援助を得て平瀬城を奪還した。天文20年(1552年)平瀬城は武田晴信により落城し、城主の平瀬義兼は自刃した。晴信は平瀬城を改修し原虎胤に守らせた。天文22年(1553年)、筑摩郡は武田氏がほぼ平定したため、平瀬城は廃城となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]