平湯インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平湯インターチェンジ
Hieayuryoukinsyo.jpg
安房峠道路 平湯料金所
所属路線 E67 中部縦貫自動車道
安房峠道路
料金所番号 34-002
起点からの距離 5.6 km(中ノ湯IC起点)
中ノ湯IC (5.6 km)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0158.svg国道158号Japanese National Route Sign 0471.svg国道471号
供用開始日 1997年平成9年)12月6日
通行台数 3,065台/日(2019年)[1]
所在地 506-1433
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
北緯36度11分13.62秒 東経137度33分9.18秒 / 北緯36.1871167度 東経137.5525500度 / 36.1871167; 137.5525500
テンプレートを表示

平湯インターチェンジ(ひらゆインターチェンジ)は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯にある安房峠道路インターチェンジである。

平湯料金所が併設されており、料金自動収受機での対応となっている。

道路[編集]

平湯料金所[編集]

ブース数 : 6

松本方面
  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 1
    • 一般 : 1
    • 閉鎖中 : 1
高山方面
  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 1
    • 一般 : 1
    • 閉鎖中 : 1

料金所のすぐ脇に簡単な駐車場が設置されており、トイレ休憩を済ませることが可能になっている。

2010年4月1日からETCカードおよびクレジットカードに対応している。自動収受機併設のカードリーダーにカードを挿入して精算する方式となり、ETC車載器を使用した無線通信はできなかったが、2012年12月6日からは料金所で一旦停止するスタイルでのETC専用レーンの運用を開始した。

かつては回数券の販売が行われていたが、ETCの普及状況を勘案して2014年に販売停止となった[2]

接続道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

E67 中部縦貫自動車道安房峠道路
平湯IC - 中ノ湯IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (PDF) 『平成31年・令和元年 観光統計』高山市商工観光部観光課、2020年3月、6頁https://www.city.takayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/824/h31r1toukei.pdf2021年1月24日閲覧 
  2. ^ 安房峠道路の回数券の販売を停止し、未使用回数券の払戻しを開始します | ニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本” (日本語). 安房峠道路の回数券の販売を停止し、未使用回数券の払戻しを開始します | ニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本. 2020年1月14日閲覧。

関連項目[編集]