平沢和重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひらさわ かずしげ
平沢 和重
生年月日 1909年9月14日
没年月日 (1977-03-07) 1977年3月7日(67歳没)
出生地 香川県丸亀市
国籍 日本の旗 日本
学歴 東京帝国大学法学部政治学科卒業
職業 ジャーナリスト、外交官
活動期間 1935年 - 1977年

平沢 和重(ひらさわ かずしげ、1909年9月14日 - 1977年3月7日)は、日本の外交官NHK解説委員

経歴[編集]

香川県丸亀市生まれ。東京帝国大学法学部政治学科卒業[1]

1935年に外務省入省。斎藤博アメリカ合衆国駐箚日本国特命全権大使在任中に大使秘書官、ニューヨーク領事などを歴任。1941年の日米開戦に伴い帰国して1944年に退官した[1]

1947年に中部日本新聞社に在籍し、1949年から26年間、日本放送協会解説委員を務める。「ジャパンタイムズ」編集主幹。産経新聞論説顧問。三木内閣外交ブレーンも務めた[1]

外交官時代の1938年4月、バンクーバーから一時帰国のために横浜港に向かう氷川丸に乗船した際、偶然にもIOC委員で、エジプトカイロでのIOC総会から帰国の途にあった嘉納治五郎と出会い、交友を深めた。しかし、嘉納はその船旅の最中に肺炎を患い、5月4日客死してしまう。平沢は船内にて嘉納の最期を看取った。

1959年5月にミュンヘンで開かれたIOC総会に出席し1964年東京オリンピック開催立候補趣意説明を行い、第18回五輪の誘致に尽力。なお、この趣意説明の際、「嘉納治五郎の最期を看取った人物」であると紹介されている。実は本人は「東京五輪の開催は時期尚早」としてNHKの番組等で反対意見を唱えていたが、IOC総会の直前になり当初プレゼンテーションを担当する予定だった人物(平沢の友人だった外交官参事官の北原秀雄)が怪我(足の骨折)で渡欧できなくなり、急遽、東龍太郎東京都知事竹田恒徳日本体育協会専務理事ら関係者から、代わりのプレゼンテーション担当として口説かれ、宗旨替えして招致活動に協力することになった[2]

1時間の持ち時間だったが、北原が当初スピーチする予定であった原稿を平沢が書き直して行った15分の演説の概要は、「日本は極東と呼ばれているが、飛行機の時代になり極東ではなくなった。国際理解や人間関係の心の距離を消すには人と人が直接会う事が一番で、お互いに理解する事から世界平和が始まる。今こそオリンピックをアジアで開くべき時。」とIOC委員に訴えた[3]

1951年に発効した「日本野球協約」は、GHQ経済科学局長・ウィリアム・マーカット少将が、衆議院議員であった松本瀧藏に「日本(のプロ野球)も正規のルールや協約を定めてはどうか」と勧めたことがきっかけとなり、松本がアメリカ合衆国からメジャーリーグベースボールの規約などを取り寄せ、福島慎太郎(外交官、後にパシフィック・リーグ会長)を経て、平沢がその大部分を引き写して作成したものとされている[4]

1977年3月7日に死去。平沢が没した際に朝日新聞社の論説主幹だった松山幸雄が追悼の一文を認めた[5]

平沢没後の1980年、アメリカ合衆国のベイツ大学に『平沢和重奨学基金』が設立され、現在に至っている[6]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平沢 和重”. コトバンク. 朝日新聞社. 2019年9月6日閲覧。
  2. ^ 『祖国へ、熱き心を -東京にオリンピックを呼んだ男-』(高杉良著、新潮文庫2001年)pp.420 - 421
  3. ^ 2013年8月20日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック~第2回オリンピック招致にかけた男たち」
  4. ^ 下田武三『プロ野球回顧録』ベースボール・マガジン社、1988年、p25-27
  5. ^ 河野通和 (2013年10月3日). “人を動かすスピーチ”. 考える人. 新潮社. 2019年9月6日閲覧。
  6. ^ 平沢和重奨学基金”. 平沢奨学金選考委員会事務局. 2019年9月6日閲覧。