平沢ゆうな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平沢 ゆうな
生誕 (1985-09-06) 1985年9月6日(35歳)[1][注釈 1]
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作僕が私になるために[3][4]
「白百合は朱に染まらない」[5][6]
「鍵つきテラリウム」[6][7]
受賞 第68回ちばてつや賞一般部門奨励賞[2]
公式サイト 迷子駅
テンプレートを表示

平沢ゆうな(ひらさわゆうな、1985年(昭和60年) 9月6日[1] - )は、日本の漫画家トランスジェンダー。作品は「忘レソコナイ」(第68回ちばてつや賞奨励賞)[2]、『僕が私になるために』[3][4]、『白百合は朱に染まらない』[4][5]、『鍵つきテラリウム』[8][6]など。男性としての会社勤務を経てホルモン療法性別適合手術を受け、2015年女性戸籍変更[9][10]メンサの会員で、物理学量子光学専攻)の修士課程修了者[1]。本稿では平沢自身の体験を漫画化した作品「僕が私になるために」についても記述する。

作品一覧[編集]

  • 「忘レソコナイ」 - 第68回ちばてつや賞一般部門奨励賞受賞作[2][11]
  • 「僕が私になるために」 - 『週刊モーニング』連載[12](2016年第15号 - 2016年第21号)[13][14]
  • 「僕が私になるためにextra 性の境界線」 - 『モアイ』にてウェブ掲載[15][注釈 2]
  • 「モーニング楽屋裏」 - 『モーニング』新人賞の募集お知らせ漫画[16]
  • 「要件定義」 - 『週刊Dモーニング』読み切り増刊2016年冬号にてウェブ掲載[17]
  • 「白百合は朱に染まらない」 - 『ヤングマガジンサード』連載(2018年第9号[5] - 2019年第7号[18]
  • 「鍵つきテラリウム」 - 『コミックメテオ』(2017年読み切り掲載[4]、2019年2月13日から2020年11月までウェブ連載[8][19]

単行本[編集]

  • 『僕が私になるために』講談社モーニングKC〉、2016年、ISBN 978-4-06-388616-0
  • 『白百合は朱に染まらない』講談社〈ヤンマガKCコミックス〉、全2巻。
  • 『鍵つきテラリウム』フレックスコミックスメテオCOMICS〉、全4巻[7][19]
    2020年の「第4回 みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」では、ベスト10以外の「他にも投票が多かった人気作品」の中に入っている[20]

出演[編集]

  • 2020年6月12日(11日深夜) - TOKYO MX『らしく~My Story~』[21]

僕が私になるために[編集]

僕が私になるために
ジャンル 青年漫画
漫画:僕が私になるために
作者 平沢ゆうな
出版社 講談社
掲載誌 週刊モーニング
レーベル モーニングKC
発行日 2016年6月23日
発表号 2016年15号 - 2016年21号
巻数 全1巻
話数 7(単行本では8)
テンプレート - ノート

作者である平沢自身の性転換手術体験を題材としたエッセイ漫画。特に手術部分の詳細な説明が話題を呼び[22][12]性別適合手術に求められる「覚悟」を描いたシリアスなルポ漫画とのレビューもある[3]。単行本ではホルモン療法時を描いた「episode8」が追加されている[23]

あらすじ[編集]

大学を出て会社員となった平沢は、男性としての違和感を感じるようになる。意を決して医者を訪ねるも苦言を呈され、一念発起して女装で通院し始める。道行く人の心ない一言に傷つきながらも、医者から性同一性障害として診断が下ってホルモン療法が始まり、タイでの性転換手術を迎える。タイではダイレーションの痛みや幻肢痛尿道口圧迫に苦しみながらも、陽気な看護師達の笑顔や兄妹からの励ましで手術後の痛みに耐えていく。帰国後には後輩に対して、性別適合手術を料理に例えて説明する。裁判所での戸籍変更はあっけなく終わり、平沢は友人達にも温かく受け入れられる[14][24][注釈 3]

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年1月時点で29歳という記載[2]もあるが、これは応募時の年齢の間違いと考えられる。
  2. ^ 2016年6月の単行本『僕がわたしになるために』の発売を記念した特別番外編[15]。映画『リリーのすべて』を観に行った後の平沢が、ジョン・マネー医師がデイヴィッド・ライマー(少女ブレンダ)に施した性転換手術とその結末について回想しながら紹介するといった内容[15]
  3. ^ 回想をはさむ形のため、作品における時系列は異なる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 本人公式サイト - “プロフィール”. 迷子駅. 2019年10月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 【モーニングの新人賞】 第68回ちばてつや賞一般部門、最終選考結果発表! 受賞作のWeb公開もスタート!モーニング. (2016年1月21日) 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ a b c 堀江貴文 (2017年11月6日). “性別適合手術のルポマンガ『僕が私になるために』”. マンガ新聞レビュー部. 2019年9月6日閲覧。(『マンガHONZ』2016年8月22日掲載記事)
  4. ^ a b c d 荒廃した世界を渡り歩く姉弟のディストピアファンタジー「鍵つきテラリウム」”. コミックナタリー. (2017年10月26日) 2020年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c 風俗で働く66歳主人公&実在した女子飛行連隊、ヤンマガサードでW新連載”. コミックナタリー (2018年8月6日) 2019年9月7日閲覧。
  6. ^ a b c 滅びゆく世界を旅する姉弟の終末ファンタジー「鍵つきテラリウム」1巻”. コミックナタリー (2019年5月11日) 2020年2月11日閲覧。
  7. ^ a b 「鍵つきテラリウム」完結巻発売、作者の直筆サイン入り複製原画当たる”. コミック ナタリー. (2020年11月12日) 2020年11月28日閲覧。
  8. ^ a b 人類が衰退し荒廃した世界を巡る姉弟の終末冒険ファンタジーがメテオで”. コミックナタリー (2019年2月13日) 2019年10月20日閲覧。
  9. ^ 安藤 2016a.
  10. ^ 新井 2020.
  11. ^ 忘レソコナイ”. Webコミックサイト モアイ. 講談社. 2019年9月6日閲覧。
  12. ^ a b いたる 2016.
  13. ^ 【新連載】 男性から女性へ。性別適合手術の過程を描く実録エッセイ『僕が私になるために』、今週のモーニングより短期集中新連載スタート!”. モアイ. 講談社. (2016年3月10日) 2020年2月11日閲覧。
  14. ^ a b 週刊モーニング』2016年15号から開始された7回の連載
  15. ^ a b c 性の境界線”. モアイ. 講談社. (2016年6月23日) 2016年12月18日閲覧。
  16. ^ モーニング楽屋裏 その1”. モーニングゼロ. (2016年12月1日) 2016年12月18日閲覧。
  17. ^ 週刊Dモーニング読み切り増刊2016年冬号』2016年12月18日閲覧。
  18. ^ 『ヤングマガジンサード』2019年第7号
  19. ^ a b 鍵つきテラリウム”. コミックメテオ (2020年2月5日) 2020年11月28日閲覧。
  20. ^ TSUTAYA×Comicspace「第4回 みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」結果発表ページ”. T-Award. comicspace. 2020年6月23日閲覧。
  21. ^ TOKYO MX「らしく」2020年6月11日(木)放送/自身の性を漫画で伝える平沢ゆうなの「僕が私になるために」”. newTOKYO. (2020年6月6日). 2020年6月23日閲覧。
  22. ^ 現代ビジネス 2016, p. 1.
  23. ^ 平沢 2016, pp. 129-140.
  24. ^ 平沢 2016, pp. 3-126.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

(インタビュー)

(動画)