平松隆円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平松 隆円(ひらまつ りゅうえん 1980年8月1日 - )は、日本の化粧心理学者。東亜大学芸術学部トータルビューティ学科長 / 准教授。専門は、化粧心理学、化粧文化論。

人物[編集]

滋賀県生まれ。2003年佛教大学卒業、2008年同大学院教育学研究科博士後期課程修了、「日本の生活文化における化粧」で博士(教育学)。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。「よそおい」をテーマに研究を行っているが、魅力に関する研究から男女の恋ゴコロに関する心理にも詳しい。2006年に社団法人日本繊維製品消費科学会奨励賞を、2007年に佛教大学学術奨励賞を、2011年に京都文化ベンチャーコンペティション日本経済新聞社賞を受賞。

学歴[編集]

  • 1999年 近江兄弟社高等学校卒業
  • 2003年 佛教大学教育学部生涯教育学科卒業
  • 2005年 佛教大学大学院教育学研究科修士課程修了 修士(教育学)
  • 2008年 佛教大学大学院教育学研究科博士後期課程修了 博士(教育学)

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

監訳[編集]

  • 『メレル・ヴォーリズと一柳満喜子』(水曜社 2010年)

受賞歴[編集]

  • 2006年 『化粧行動と化粧意識に関する研究』によって社団法人日本繊維製品消費科学会奨励賞
  • 2007年 『化粧行動許容に関わる公衆場面の構造解明とそれを規定する個人差要因』によって佛教大学学術奨励賞
  • 2011年 「AR(AugmentedReality)を利用した修学旅行における教育プログラム」によって京都文化ベンチャーコンペティション日本経済新聞社賞

論文[編集]

出演番組[編集]

など

参考文献[編集]

外部リンク[編集]