平岩米吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
  1. 動物研究者の平岩米吉。本項で詳述。
  2. 明治の将棋棋士七段・平岩米吉(1831年-1912年)。本項人物の父。連珠七段でもあり、また、「六代目平岩甚助」の名で豪商、亀戸村長としても知られた[1]

平岩 米吉(ひらいわ よねきち、1898年2月4日 - 1986年6月27日)は、東京都生まれの在野の動物学者、作家。「動物文学」を主催。

研究対象は、の生態、またそれらの歴史や彼らの飼い主である人間側の民俗史など。

長女の平岩由伎子(ひらいわ ゆきこ、1927年 - )は、雑誌「動物文学」を継承している。

生涯[編集]

  • 1898年2月4日、亀戸の江戸時代からつづいた裕福な竹問屋の六男として生まれる。

10代から20代にかけては、連珠短歌、登山に熱中。連珠では七段にまでのぼった。 また、川端玉章日本画を師事する他、動物学、心理学国文学仏教などを独学。

著書[編集]

  • 犬を飼う知恵(築地書館)
  • 猫の歴史と奇話(築地書館)
  • 狼その生態と歴史(築地書館)
  • 犬を飼う知恵(池田書店)
  • 犬の行動と心理(築地書館)
  • 私の犬(築地書館)
  • 犬と狼(築地書館)
  • 犬の生態(築地書館)
  • 珠聯銀月必勝法(動物文学会)
  • 狼 その生態と歴史(動物文学会)
  • 犬の歌 平岩米吉歌集(動物文学会)
  • 犬の行動と心理(池田書店)
  • 猫の歴史と奇話(動物文学会)

論文[編集]

評伝[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東公平 『近代将棋のあけぼの』 河出書房新社、P.9~。

外部リンク[編集]