平岡工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

平岡工場(ひらおかこうじょう)は、日本における初期の鉄道車両メーカー。明治中期に東京市で活動した。日本最初の民間客貨車メーカーである。

沿革[編集]

創業[編集]

日本の鉄道車両は、1872年(明治5年)の京浜間鉄道の開業以来、一貫して輸入で賄われてきた。客車貨車はその後国内製造が開始されたが、当時は民間の重工業が未熟であったため、これら客貨車の製造は各鉄道事業者が自営工場で行っていた[1]

工部省鉄道局新橋工場の技師であった平岡凞は、そのような状況を打開して車両のさらなる国産化を推進するには民間に鉄道車両工業を興すべきと考え、1890年(明治23年)、鉄道局を辞して、東京市小石川区陸軍東京砲兵工廠の敷地・設備を借用し、渋沢栄一益田孝らと匿名組合平岡工場を設立した。その後改組により平岡工場は平岡の個人経営となっている。

発展[編集]

1895年(明治28年)には京都電気鉄道へ28人乗り路面電車車両の車体を納入した[2]。これは日本初の営業運転に供された電車であり、後に京都電気鉄道が市営化されて京都市電になった後「N電」と呼ばれた、狭軌線用車両群の第1陣に当たるものであった。

その後1896年(明治29年)3月末をもって砲兵工廠の借地を返納し、翌4月より本所区総武鉄道本所駅(現・総武本線錦糸町駅)の隣接地に自前の工場を開設している。

平岡工場は客貨車製造の国内最大手として発展した。1897年(明治30年)末に日本最初の近代的労働組合である鉄工組合が結成された際には、平岡工場からは43人が組合員として参加している。

平岡工場の登場は鉄道車両工業への新規参入の呼び水となり、1896年に日本車輌製造汽車製造が設立され、1908年(明治41年)には川崎造船所(現・川崎重工業、鉄道車両部門は現・川崎重工業車両カンパニー)が鉄道車両製造に参入した。中でも汽車製造は、平岡の鉄道局時代の上司である井上勝の会社であったため、1899年(明治32年)の開業にあたり、業界随一の技術と実績を持つ平岡を副社長として迎えている。

汽車製造へ譲渡[編集]

汽車製造の設立当初から平岡工場の買収構想が出ては消えていたが、平岡工場の経営は順調で多大な利益を出していたため、平岡は汽車製造への工場譲渡を固辞し続けた。しかしついに井上馨や渋沢栄一の説得に折れ、1901年(明治34年)7月に平岡工場の一切を汽車製造に譲渡した。工場はそのまま汽車製造東京支店となった。

年表[編集]

  • 1890年(明治23年)3月28日 - 東京市小石川区に匿名組合平岡工場が開業。
  • 1894年(明治27年)10月31日 - 匿名組合解散。以後、平岡凞の個人経営に移行。
  • 1896年(明治29年)3月31日 - 小石川の工場を陸軍省に返納。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 東京市本所区に平岡凞の自有工場を開設、操業開始。
  • 1901年(明治34年)7月 - 汽車製造合資会社(汽車会社)、平岡凞より平岡工場を譲受。汽車製造東京支店となる。
  • 1931年(昭和6年) - 汽車会社東京支店は東京府南葛飾郡砂町に移転。旧平岡工場は閉鎖。

製造実績[編集]

創業以来製造した客車は約350両、貨車は約1250両と推定される[3]。最初の製品は1890年(明治23年)に納入した足尾銅山馬車鉄道の2軸客車である。翌年には九州鉄道向けの7トン積み無蓋車を製作した。工場を移転した1896年(明治29年)にはボギー客車の製作を始めた。また1900年(明治33年)に製作した京仁鉄道の韓国帝王車は採算を度外視し、素材造作に贅を尽くした車両であった。なお創業以来車両のバネ、車輪、緩衝器は輸入品であった。

国有客貨車の製造数
年度 客車 貨車
1890 1
1891 7 50
1892 1 1
1893 39 10
1894 50 68
1895 22 102
1896 20 320
1897 86 252
1898 69 221
1899 20 85
1900 1 17
1901 4
1902
1903 1
1904 12
1905 1
1906 1
合計 320 1141

脚注[編集]

  1. ^ 当時の日本の鉄道が模範としたイギリスの大手鉄道会社では、車両製造は自社工場で行うのが普通で、車両メーカーは主に輸出と小私鉄向け車両製造を担当していた。
  2. ^ 小野精太郎「市電の始祖を訪ねて」『鉄道ピクトリアル』No.52によれば『日本の鉄道車両』ポプラ社に平岡工場明治28年電車製作と記載されているが真偽の程ははっきりしないとしている。
  3. ^ 『汽車会社蒸気機関車製造史』27頁
  4. ^ 『日本国有鉄道百年史 4巻』132頁

参考文献[編集]

  • 『明治工業史 9 機械編 地学編』 日本工学会 編、原書房(復刻版)〈明治百年史叢書〉、1930年(復刻版:1995年)
  • 『汽車会社蒸気機関車製造史』交友社、1972年