平山理志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平山 理志(ひらやま ただし)は、サンライズアニメーションプロデューサー。同社第8スタジオプロデューサー、第一制作部副部長を経て、第二制作部部長現職。開成中学校・高等学校卒業、東京大学卒業。

ラブライブ!』シリーズの生みの親の一人である。

人物[編集]

東京大学を卒業後、1999年マッドハウス制作進行で入社。同期には同じく東大卒で現在はアニメ演出家の中村亮介がいた。

マッドハウスを1年程度で退職し、2000年にサンライズに転職。制作進行として、「アルジェントソーマ」「スクライド」「SDガンダムフォース」を担当した後、2004年より制作デスクとして「舞-HiME」シリーズ等担当。2009年には同社第8スタジオプロデューサーに就任し、『境界線上のホライゾン』、『アクセル・ワールド』、『ラブライブ!』など数々のヒット作品を生み出す。

サンライズに入社した当時は、演出志望であったがのちにプロデューサー志望に転向した。

関連項目[編集]