平尾和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平尾 和雄(ひらお かずお、1946年12月19日[1] - )は、日本のノンフィクション作家埼玉県出身。東京都立大学卒。1972年ネパールダウラギリ県タトパニ村でネパール人女性スルジェと結婚、旅館・スルジェ館を開業。87年帰国。1981年『ヒマラヤ・スルジェ館物語』で第3回講談社ノンフィクション賞受賞。[2]

著書[編集]

  • 『ヒマラヤの花嫁』日本交通公社、1976 のち中公文庫
  • 『ヒマラヤ・スルジェ館物語』講談社、1981 のち文庫
  • 『ネパール旅の雑学ノート 暮らし/トレッキング/スルジェ館その後』ダイヤモンド社 1996
  • 『スルジェ ネパールと日本で生きた女性』旅行人 2001

[編集]

  1. ^ 『文芸年鑑』2008年
  2. ^ 『スルジェ ネパールと日本で生きた女性』著者紹介