平壌地下鉄100型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平壌地下鉄100型電車
基本情報
製造所 金鍾泰電気機関車連合企業所
主要諸元
編成 4両
軌間 1,435
電気方式 直流825 V
テンプレートを表示
平壌地下鉄
各種表記
ハングル 평양지하철도100 형 전철
漢字 平壤地下鐵道100型電車
日本語読み: へいじょう ちかてつどう100がたでんしゃ
英語表記: Pyongyang Metro100 series
テンプレートを表示

平壌地下鉄100型電車(ピョンヤンちかてつ100がたでんしゃ)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌地下鉄2016年より運用されている車両。金鍾泰電気機関車連合企業所が製造。

ドア上部には、地図式、LCD式の車内案内表示装置が設置され、次の停車駅を朝鮮語英語で表示される。また、各種映像を流すLCDモニタも設置されている。

開発の経緯[編集]

2015年7月、金鍾泰電気機関車連合企業所を訪ねた金正恩第一書記は新しい地下鉄用車両製造の製造を指示した。これを受けて工場の従業員は短期間で完全な国産地下電動車を製造した。同年10月、金正恩第一書記に公開され、翌月には試運転をおこなった。

営業運転[編集]

2016年1月1日千里馬線で運行を開始。現在のところ革新線では運用についていない。