平地健吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平地 健吾(ひらち けんご、1964年11月30日 - )は、日本数学者東京大学教授。専門はCR幾何学、多変数関数論、不変式論。博士(理学)大阪大学)(1994年)。

複素モンジュ・アンペール方程式、超局所解析、放物型不変式論、計算機代数などを幅広い道具を用いて研究している。

業績[編集]

フェファーマンのベルグマン核の不変式に関するプログラムにおいて業績がある。ベルグマン核の対数的特異性の研究から強擬凸領域におけるCR不変量の構成した。超局所解析における柏原の方法をベルグマン核に応用し、局所ソボレフ・ベルグマン核の理論を展開した。

略歴[編集]

受賞・講演歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]