平和安全法制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平和安全法制(へいわあんぜんほうせい)とは、2015年(平成27年)5月に第3次安倍内閣閣議決定し、第189回国会へ上程し、同年9月に成立した「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」(平和安全法制整備法)と「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律」(国際平和支援法)の総称である[1][2][3]

平和安全法制関連2法案とも[1]マスメディア等からは安全保障関連法案安保法案)、安保法制とも呼ばれている[4][5]

概要

「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案」(平和安全法制整備法案)は、自衛隊法周辺事態法船舶検査活動法国連PKO協力法等の改正による自衛隊の役割拡大(在外邦人等の保護措置、米軍等の部隊の武器保護のための武器使用、米軍に対する物品役務の提供、「重要影響事態」への対処等)と、「存立危機事態」への対処に関する法制の整備を内容とする[2]

また、「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案」(国際平和支援法案)は、「国際平和共同対処事態」における協力支援活動等に関する制度を定めることを内容とする[2]

第3次安倍内閣は、2015年(平成27年)5月14日国家安全保障会議及び閣議において、平和安全法制関連2法案を決定[6]し、翌日、衆議院及び参議院に提出した[7][8]

衆議院では、同年5月19日、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会(浜田靖一委員長)を設置して平和安全法制関連2法案が付託され、審議が開始された[7]。同年7月15日には、同特別委員会で採決が行われ、賛成多数により可決。翌7月16日には衆議院本会議で起立採決され、自民党公明党次世代の党などの賛成により可決。参議院へ送付された[7]

参議院では、同年9月17日には、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会(鴻池祥肇委員長)で採決が行われ、賛成多数により可決。同日午後8時10分に参議院本会議開会。翌々日の9月19日午前0時10分には参議院本会議が改めて開会された。17日の参院特別委員会で採決が混乱し、野党側は無効だと指摘したが、鴻池祥肇委員長は本会議の冒頭、「採決の結果、原案通り可決すべきものと決定した」と報告。その後、各党が同法に賛成、反対の立場から討論を行った後、記名投票による採決がされ、自民党公明党次世代の党新党改革日本を元気にする会などの賛成多数により午前2時18分に可決・成立。さらに、政府は安全保障関連法による自衛隊海外派遣をめぐる国会関与の強化について5党合意を尊重するとの閣議決定をした[9][10]

平和安全法制整備法案

法案提出の理由

内閣国会へ「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案」(平和安全法制整備法案)を提出した際の、提出理由は次の通りである[11]

我が国を取り巻く安全保障環境の変化を踏まえ、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態に際して実施する防衛出動その他の対処措置、我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に際して実施する合衆国軍隊等に対する後方支援活動等、国際連携平和安全活動のために実施する国際平和協力業務その他の我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するために我が国が実施する措置について定める必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

首相安倍晋三は、事ある毎に「国民の命と平和な暮らしを守り、国の存立を全うするために必要」「我が国を取り巻く安全保障環境が変化したために必要」「切れ目のない安全保障法制を整備するために必要」と繰り返した[12]

改正される法律

平和安全法制整備法案は、以下の10の法律を一括改正する法案である[2](その他、別の10法[13]について附則により技術的な改正も行われる[2]。)。

  1. 自衛隊法
  2. 国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(国連PKO協力法)
  3. 周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律(周辺事態安全確保法→重要影響事態安全確保法[14]
  4. 周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律(船舶検査活動法[15]
  5. 武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律(事態対処法)
  6. 武力攻撃事態等におけるアメリカ合衆国の軍隊の行動に伴い我が国が実施する措置に関する法律(米軍等行動関連措置法)
  7. 武力攻撃事態等における特定公共施設等の利用に関する法律(特定公共施設利用法)
  8. 武力攻撃事態における外国軍用品等の海上輸送の規制に関する法律(海上輸送規制法)
  9. 武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律(捕虜取扱い法)
  10. 国家安全保障会議設置法

改正される主要事項

上記の法改正によって整備が行われた平和安全法制の主要事項は、次の通りである[2]

項目 内容 改正される法律
自衛隊法の改正
  • 在外邦人等の保護措置
  • 米軍等の部隊の武器等の防護
  • 平時における米軍に対する物品役務の提供の拡大
  • 国外犯処罰規定
自衛隊法
重要影響事態安全確保法
(周辺事態安全確保法の改正)
  • 「我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態」(重要影響事態[16])における米軍等への支援を実施すること等、改正の趣旨を明確にするための目的規定の見直し
  • 日米安保条約の目的の達成に寄与する活動を行う米軍以外の外国軍隊等に対する支援活動を追加
  • 支援メニューの拡大
周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律(周辺事態安全確保法→重要影響事態安全確保法[14]
船舶検査活動法の改正
  • 周辺事態安全確保法の見直しに伴う改正
  • 国際平和支援法に対応し、国際社会の平和と安全に必要な場合の船舶検査活動の実施
周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律(船舶検査活動法[15]
国際平和協力法の改正
  • 国連PKO等において実施できる業務の拡大(いわゆる安全確保、駆け付け警護)、業務に必要な武器使用権限の見直し
  • 国連が統括しない人道復興支援やいわゆる安全確保等の活動の実施
国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(国連PKO協力法)
事態対処法制の改正
  • 存立危機事態の名称、定義、手続等の整備
武力攻撃事態等における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律(事態対処法)
  • 存立危機事態に対処する自衛隊の任務としての位置付け、行動、権限等
自衛隊法
  • 武力攻撃事態等に対処する米軍に加えて、
     武力攻撃事態等における米軍以外の外国軍隊
     存立危機事態における米軍その他の外国軍隊
    に対する支援活動を追加
武力攻撃事態等におけるアメリカ合衆国の軍隊の行動に伴い我が国が実施する措置に関する法律(米軍等行動関連措置法)
  • 武力攻撃事態等における米軍以外の外国軍隊の行動を特定公共施設等の利用調整対象に追加
武力攻撃事態等における特定公共施設等の利用に関する法律(特定公共施設利用法)
  • 存立危機事態における海上輸送規制の実施
武力攻撃事態における外国軍用品等の海上輸送の規制に関する法律(海上輸送規制法)
  • 存立危機事態における捕虜取扱い法の適用
武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律(捕虜取扱い法)
国家安全保障会議
設置法の改正
  • 法改正等を踏まえた審議事項の整理
国家安全保障会議設置法

国際平和支援法案

「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案」(国際平和支援法)は、新法を制定する法案である[2]

法案提出の理由

内閣が国会へ国際平和支援法を提出した際の、提出理由は次の通りである[17]

 国際社会の平和及び安全を脅かす事態であって、その脅威を除去するために国際社会が国際連合憲章の目的に従い共同して対処する活動を行い、かつ、我が国が国際社会の一員としてこれに主体的かつ積極的に寄与する必要があるものに際し、当該活動を行う諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等を行うことにより、国際社会の平和及び安全の確保に資することができるようにする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

沿革

安保法制懇の設置と内閣法制局長官人事

2012年(平成24年)12月26日第2次安倍内閣が発足した[18]。翌2013年(平成25年)1月28日第183回国会(常会)が召集され、冒頭行われた所信表明演説安倍晋三首相は、「外交安全保障についても、抜本的な立て直しが急務です。何よりも、その基軸となる日米同盟を一層強化して、日米のきずなを取り戻さなければなりません。」と述べた[19]

2013年(平成25年)2月7日、首相の下に安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)[20]が置かれた[21]

同年8月8日、内閣は小松一郎フランス大使内閣法制局長官に任命する人事を発令した[22]政府は従来、集団的自衛権の行使は憲法に反すると解釈しており、内閣法制局はこの憲法解釈構築の中心となってきた[23]。そのため、集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更に積極的とされる小松を長官に任命して、内閣法制局の人事刷新と憲法解釈変更への地ならしを図ったものと解された[24]。小松は、第1次安倍内閣のときには外務省国際法局長を務めており、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の事務方として実務に携わっていた[24]

また、同年12月4日には、内閣の下に国家安全保障会議を置き、その事務を所掌させるため、内閣官房に国家安全保障局を置いた。国家安全保障局の初代局長には、元外務事務次官の谷内正太郎を任命した。国家安全保障局は、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の事務も取り扱った。

同年12月17日、国家安全保障会議及び閣議で、「防衛計画の大綱」(防衛大綱)[25]及び「中期防衛力整備計画」(中期防)[26]、「国家安全保障戦略」[27]を決定した[28]

安保法制懇報告書

2014年(平成26年)5月15日、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は報告書を提出し、同報告書の結論部分で以下のように提言した[23]

  1. 日本国憲法は、前文で「平和的生存権」、13条で「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を定め、これらを守るためには、国民の生存の確保、国民を守る国家の存立が前提条件である。また、憲法は国際協調主義を掲げている。
  2. 我が国を取り巻く安全保障環境は、より一層厳しさを増している。また、我が国が幅広い分野で一層の役割を担うことが必要となっている。従来の憲法解釈では十分対応できない状況に立ち至っている。
  3. 憲法第9条1項で、自衛のための武力の行使は禁じられておらず、国際法上合法な活動への憲法上の制約はない。同条第2項は、自衛やいわゆる国際貢献のための実力の保持は禁止されていない。「必要最小限度」の中に個別的自衛権は含まれるが集団的自衛権は含まれないとしてきた政府の憲法解釈は、「必要最小限度」について抽象的な法理だけで形式的に線を引こうとした点で適当ではなく、「必要最小限度」の中に集団的自衛権の行使も含まれると解すべきである。
  4. 集団的自衛権については、我が国と密接な関係にある外国に対して武力攻撃が行われ、その事態が我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性があるときには、我が国が直接攻撃されていない場合でも、その国の明示の要請又は同意を得て、必要最小限の実力を行使してこの攻撃の排除に参加し、国際の平和及び安全の維持・回復に貢献することができることとすべきである。
  5. 軍事的措置を伴う国連の集団安全保障措置への参加については、我が国が当事国である国際紛争を解決する手段としての「武力の行使」には当たらず、憲法上の制約はない。
  6. いわゆる「武力の行使との一体化」論は、安全保障上の実務に大きな支障となってきており、このような考えはもはやとらず、政策的妥当性の問題と位置付けるべきである。国連PKO等や在外自国民の保護・救出、国際的な治安協力における駆け付け警護や妨害排除に際しての武器使用に憲法上の制約はない。
  7. 武力攻撃に至らない侵害への対応については、自衛隊の必要最小限度の国際法上合法な行動は憲法上容認されるべきである。また、自衛隊の行動については、切れ目のない対応を講ずるための包括的な措置を講ずる必要がある。
  8. 必要最小限度の範囲の自衛権の行使には個別的自衛権に加えて集団的自衛権の行使が認められるという判断も、政府が適切な形で新しい解釈を明らかにすることによって可能であり、憲法改正が必要だという指摘は当たらない。また、国連の集団安全保障措置等への我が国の参加についても同様に、政府が適切な形で新しい解釈を明らかにすることによって可能である。

報告書が提出されたことを受けて、安倍首相は記者会見を行い、次の方針を表明した[29]

  1. 限定的な集団的自衛権の行使は、憲法上容認される。
    「我が国の安全に重大な影響を及ぼす可能性があるとき、限定的に集団的自衛権を行使することは許されるとの考え方です。生命、自由、幸福追求に対する国民の権利を政府は最大限尊重しなければならない。憲法前文、そして憲法13条の趣旨を踏まえれば、自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置を採ることは禁じられていない。そのための必要最小限度の武力の行使は許容される、こうした従来の政府の基本的な立場を踏まえた考え方です。政府としてはこの考え方について、今後さらに研究を進めていきたいと思います。」
  2. 必要ならば憲法解釈の変更のため、内閣法制局の意見を踏まえて与党協議を行い、閣議決定する。
    「切れ目のない対応を可能とする国内法整備の作業を進めるに当たり、従来の憲法解釈のままで必要な立法が可能なのか、それとも一部の立法に当たって憲法解釈を変更せざるを得ないとすれば、いかなる憲法解釈が適切なのか。今後、内閣法制局の意見も踏まえつつ、政府としての検討を進めるとともに、与党協議に入りたいと思います。与党協議の結果に基づき、憲法解釈の変更が必要と判断されれば、この点を含めて改正すべき法制の基本的方向を、国民の命と暮らしを守るため、閣議決定してまいります。」
  3. 必要な法案を国会に提出する。
    「今後、国会においても議論を進め、国民の皆様の理解を得る努力を継続していきます。十分な検討を行い、準備ができ次第、必要な法案を国会にお諮りしたいと思います。」

憲法解釈を変更する閣議決定

2014年(平成26年)7月1日、国家安全保障会議及び閣議において、「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」を決定した[1]。この閣議決定の内容は以下の通り。

前文
  • 我が国は、戦後一貫して日本国憲法の下で平和国家として歩んできた。専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国とはならず、非核三原則を守るとの基本方針を堅持しつつ、国民の営々とした努力により経済大国として栄え、安定して豊かな国民生活を築いてきた。また、我が国は、平和国家としての立場から、国際連合憲章を遵守しながら、国際社会や国際連合を始めとする国際機関と連携し、それらの活動に積極的に寄与している。こうした我が国の平和国家としての歩みは、国際社会において高い評価と尊敬を勝ち得てきており、これをより確固たるものにしなければならない。
  • 一方、日本国憲法の施行から67年となる今日までの間に、我が国を取り巻く安全保障環境は根本的に変容するとともに、更に変化し続け、我が国は複雑かつ重大な国家安全保障上の課題に直面している。国際連合憲章が理想として掲げたいわゆる正規の「国連軍」は実現のめどが立っていないことに加え、冷戦終結後の四半世紀だけをとっても、グローバルなパワーバランスの変化、技術革新の急速な進展、大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発及び拡散、国際テロなどの脅威により、アジア太平洋地域において問題や緊張が生み出されるとともに、脅威が世界のどの地域において発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼし得る状況になっている。さらに、近年では、海洋、宇宙空間、サイバー空間に対する自由なアクセス及びその活用を妨げるリスクが拡散し深刻化している。もはや、どの国も一国のみで平和を守ることはできず、国際社会もまた、我が国がその国力にふさわしい形で一層積極的な役割を果たすことを期待している。
  • 政府の最も重要な責務は、我が国の平和と安全を維持し、その存立を全うするとともに、国民の命を守ることである。我が国を取り巻く安全保障環境の変化に対応し、政府としての責務を果たすためには、まず、十分な体制をもって力強い外交を推進することにより、安定しかつ見通しがつきやすい国際環境を創出し、脅威の出現を未然に防ぐとともに、国際法にのっとって行動し、法の支配を重視することにより、紛争の平和的な解決を図らなければならない。
  • さらに、我が国自身の防衛力を適切に整備、維持、運用し、同盟国である米国との相互協力を強化するとともに、域内外のパートナーとの信頼及び協力関係を深めることが重要である。特に、我が国の安全及びアジア太平洋地域の平和と安定のために、日米安全保障体制の実効性を一層高め、日米同盟の抑止力を向上させることにより、武力紛争を未然に回避し、我が国に脅威が及ぶことを防止することが必要不可欠である。その上で、いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜くとともに、国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の下、国際社会の平和と安定にこれまで以上に積極的に貢献するためには、切れ目のない対応を可能とする国内法制を整備しなければならない。
  • 5月15日に「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」から報告書が提出され、同日に安倍内閣総理大臣が記者会見で表明した基本的方向性に基づき、これまで与党において協議を重ね、政府としても検討を進めてきた。今般、与党協議の結果に基づき、政府として、以下の基本方針に従って、国民の命と平和な暮らしを守り抜くために必要な国内法制を速やかに整備することとする。
武力攻撃に至らない侵害への対処
  • 純然たる平時でも有事でもない事態が生じやすく、これにより更に重大な事態に至りかねないリスクを有している。警察機関と自衛隊を含む関係機関が、より緊密に協力し、いかなる不法行為に対しても切れ目のない十分な対応を確保するための態勢を整備することが一層重要な課題となっている。
  • 具体的には、警察や海上保安庁などの関係機関が、緊密に協力して対応する方針の下、対応能力の向上、連携の強化、対応要領の検討や整備、命令発出手続の迅速化、演習・訓練の充実など、必要な取組を一層強化する。
  • 警察機関が直ちに対応できない場合の対応について、治安出動や海上における警備行動の、状況に応じた早期下令や手続迅速化を具体的に検討する。
  • 米軍部隊の武器等であれば、米国の要請又は同意があることを前提に、当該武器等を防護するための自衛隊法第95条によるものと同様の極めて受動的かつ限定的な必要最小限の「武器の使用」を自衛隊が行うことができるよう、法整備をする。
国際社会の平和と安定への一層の貢献
  1. いわゆる後方支援と「武力の行使との一体化」
    • いわゆる後方支援と言われる支援活動それ自体は、「武力の行使」に当たらない活動である。一方、憲法第9条との関係で、他国の「武力の行使と一体化」することにより、我が国自身が憲法の下で認められない「武力の行使」を行ったとの法的評価を受けることがないよう、これまでの法律においては、活動の地域を「後方地域」や、いわゆる「非戦闘地域」に限定してきた。
    • 国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場から、国際社会の平和と安定のために、自衛隊が幅広い支援活動をこれまで以上に支障なくできるようにすることは、我が国の平和及び安全の確保の観点からも極めて重要である。
    • 政府としては、他国が「現に戦闘行為を行っている現場」ではない場所で実施する補給、輸送などの我が国の支援活動については、当該他国の「武力の行使と一体化」するものではないという認識を基本とした以下の考え方に立って、必要な支援活動を実施できるようにするための法整備を進める。
    1. 我が国の支援対象となる他国軍隊が「現に戦闘行為を行っている現場」では、支援活動は実施しない。
    2. 仮に、状況変化により、我が国が支援活動を実施している場所が「現に戦闘行為を行っている現場」となる場合には、直ちにそこで実施している支援活動を休止又は中断する。
  2. 国際的な平和協力活動に伴う武器使用
    • 国際的な平和協力活動の中で、いわゆる「駆け付け警護」に伴う武器使用や「任務遂行のための武器使用」については、これを「国家又は国家に準ずる組織」に対して行った場合には、憲法第9条が禁ずる「武力の行使」に該当するおそれがあることから、自衛官の武器使用権限はいわゆる自己保存型と武器等防護に限定してきた。
    • 国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場から、国際的な平和協力活動に十分かつ積極的に参加できることが重要である。また、領域国の受入れ同意がある場合には、武器使用を伴う在外邦人の救出についても対応できるようにする必要がある。
    • 国際的な平和協力活動におけるいわゆる「駆け付け警護」に伴う武器使用及び「任務遂行のための武器使用」のほか、領域国の同意に基づく邦人救出などの「武力の行使」を伴わない警察的な活動ができるよう、以下の考え方を基本として、法整備を進める。
    1. 国際連合平和維持活動等については、PKO参加5原則の枠組みの下で、「当該活動が行われる地域の属する国の同意」及び「紛争当事者の当該活動が行われることについての同意」が必要とされており、受入れ同意をしている紛争当事者以外の「国家に準ずる組織」が敵対するものとして登場することは基本的にないと考えられる。
    2. 自衛隊の部隊が、領域国政府の同意に基づき、当該領域国における邦人救出などの「武力の行使」を伴わない警察的な活動を行う場合には、その範囲においては「国家に準ずる組織」は存在していないということを意味する。
    3. 受入れ同意が安定的に維持されているかや領域国政府の同意が及ぶ範囲等については、国家安全保障会議における審議等に基づき、内閣として判断する。
    4. なお、これらの活動における武器使用については、警察比例の原則に類似した厳格な比例原則が働くという内在的制約がある。
憲法第9条の下で許容される自衛の措置
  • 我が国を取り巻く安全保障環境の変化に対応し、いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを守り抜くためには、これまでの憲法解釈のままでは必ずしも十分な対応ができないおそれがある。政府の憲法解釈には論理的整合性と法的安定性が求められる。したがって、従来の政府見解における憲法第9条の解釈の基本的な論理の枠内で、国民の命と平和な暮らしを守り抜くための論理的な帰結を導く必要がある。
  • 憲法第9条はその文言からすると、国際関係における「武力の行使」を一切禁じているように見えるが、憲法前文で確認している「国民の平和的生存権」や憲法第13条が「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」は国政の上で最大の尊重を必要とする旨定めている趣旨を踏まえて考えると、憲法第9条が、我が国が自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置を採ることを禁じているとは到底解されない。一方、この自衛の措置は、あくまで外国の武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるという急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るためのやむを得ない措置として初めて容認されるものであり、そのための必要最小限度の「武力の行使」は許容される。これが、憲法第9条の下で例外的に許容される「武力の行使」について、従来から政府が一貫して表明してきた見解の根幹、いわば基本的な論理であり、昭和47年10月14日に参議院決算委員会に対し政府から提出された資料「集団的自衛権と憲法との関係」に明確に示されているところである。
    この基本的な論理は、憲法第9条の下では今後とも維持されなければならない。
  • これまで政府は、この基本的な論理の下、「武力の行使」が許容されるのは、我が国に対する武力攻撃が発生した場合に限られると考えてきた。しかし、冒頭で述べたように、パワーバランスの変化や技術革新の急速な進展、大量破壊兵器などの脅威等により我が国を取り巻く安全保障環境が根本的に変容し、変化し続けている状況を踏まえれば、今後他国に対して発生する武力攻撃であったとしても、その目的、規模、態様等によっては、我が国の存立を脅かすことも現実に起こり得る。
    我が国としては、紛争が生じた場合にはこれを平和的に解決するために最大限の外交努力を尽くすとともに、これまでの憲法解釈に基づいて整備されてきた既存の国内法令による対応や当該憲法解釈の枠内で可能な法整備などあらゆる必要な対応を採ることは当然であるが、それでもなお我が国の存立を全うし、国民を守るために万全を期す必要がある。
    こうした問題意識の下に、現在の安全保障環境に照らして慎重に検討した結果、我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合において、これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないときに、必要最小限度の実力を行使することは、従来の政府見解の基本的な論理に基づく自衛のための措置として、憲法上許容されると考えるべきであると判断するに至った。
  • 我が国による「武力の行使」が国際法を遵守して行われることは当然であるが、国際法上の根拠と憲法解釈は区別して理解する必要がある。憲法上許容される上記の「武力の行使」は、国際法上は、集団的自衛権が根拠となる場合がある。この「武力の行使」には、他国に対する武力攻撃が発生した場合を契機とするものが含まれるが、憲法上は、あくまでも我が国の存立を全うし、国民を守るため、すなわち、我が国を防衛するためのやむを得ない自衛の措置として初めて許容されるものである。
  • 憲法上「武力の行使」が許容されるとしても、民主的統制の確保が求められることは当然である。政府としては、我が国ではなく他国に対して武力攻撃が発生した場合に、憲法上許容される「武力の行使」を行うために自衛隊に出動を命ずるに際しては、現行法令に規定する防衛出動に関する手続と同様、原則として事前に国会の承認を求めることを法案に明記する。
今後の国内法整備の進め方
  • これらの活動を自衛隊が実施するに当たっては、国家安全保障会議における審議等に基づき、内閣として決定を行う。
  • こうした手続を含めて、実際に自衛隊が活動を実施できるようにするためには、根拠となる国内法が必要となる。政府として、以上述べた基本方針の下、国民の命と平和な暮らしを守り抜くために、あらゆる事態に切れ目のない対応を可能とする法案の作成作業を開始することとし、十分な検討を行い、準備ができ次第、国会に提出し、国会における御審議を頂く。

これにより、「自衛の措置としての武力の行使の新三要件」を示した[1]

自衛の措置としての武力の行使の新三要件
  • 我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること
  • これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと
  • 必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと

2015年(平成27年)5月14日、国家安全保障会議及び閣議において、平和安全法制関連2法案を決定し翌日、衆議院及び参議院に提出した[7]。また、同日、国家安全保障会議及び閣議において、治安出動・海上警備行動等の発令手続の迅速化等に係る決定をした[1]。これらは、上記の閣議決定の内容に基づくものである。

国会における審議・成立

衆議院では、同年5月19日、我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会(浜田靖一委員長)を設置して平和安全法制関連2法案が付託され、審議が開始された[7]

6月4日、衆議院の憲法審査会で、参考人として招致された長谷部恭男(早稲田大学教授)、小林節(慶應義塾大学名誉教授、弁護士)、笹田栄司(早稲田大学教授)の三人が、委員からの「今の安保法制、憲法違反だと思われますか。それとも、その中に入っていると思われますか。」との質問に対して、「集団的自衛権の行使が許されるというその点について、私は憲法違反であるというふうに考えております。」(長谷部)、「私も違憲と考えます。憲法9条に違反します。」(小林)、「やはり違憲の考え方に立っているところでございます。」(笹田)と各々答えた[30]

7月8日維新の党は安保2法案の修正案を提出し[31]、また、民主党と維新の党は領域等の警備に関する法律案(領域警備法案)を共同提案した[32]

7月15日に同特別委員会で採決が行われ、賛成多数により可決。翌7月16日には衆議院本会議で起立採決され、自民党公明党次世代の党などの賛成により可決[33]。参議院へ送付された[7]

9月16日、自民党・公明党・日本を元気にする会・次世代の党・新党改革の5党により、「平和安全法制についての合意書」が合意される。

9月17日、参議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会において、同合意書の内容が附帯決議として議決された上で、9月19日、参議院本会議において可決成立した[34]

同日、法案成立を受け政府は「合意の趣旨を尊重し、適切に対処する」として、先だって取り交わされた5党合意文書の尊重を閣議決定した[35]

平和安全法制に関する見解

個人の見解

賛成

浅野善治(憲法学)[36]百地章(憲法学)[37]西修(憲法学)[37]長尾一紘(憲法学)[38]村田晃嗣(政治学)[39]岡本行夫(元首相補佐官)[39]三浦瑠麗(政治学)[40]桜林美佐(防衛ジャーナリスト)[41]田中秀臣(経済学)[42]八幡和郎(元通産官僚)[43]などがいる。井上武史(九州大院准教授 憲法学)[36][44]は法案自体は合憲と主張した。

反対

長谷部恭男(憲法学)[45]樋口陽一(憲法学)[45]小林節(憲法学)[38]佐藤幸治(憲法学)[46]石川健治(憲法学)[46]木村草太(憲法学)[39]山口二郎(政治学)[39]小沢隆一(憲法学)[39]、小松浩(憲法学)[47]稲正樹(憲法学)[47]内田樹(思想家)[47]上野千鶴子(社会学)[47]佐藤学(教育学)[47]江川紹子(ジャーナリスト)[48]小林よしのり(漫画家)[49]津田大介(ジャーナリスト)[50]茂木健一郎(脳科学)[50]高山佳奈子(刑法学)[51]益川敏英(物理学)[51]池内了(天文学)[51]古賀茂明(元通産官僚)[52]山口繁(元最高裁判所長官)[53]大森政輔(元内閣法制局長官)[54]秋山収(元内閣法制局長官)[55]阪田雅裕(元内閣法制局長官)[56]宮崎礼壹(元内閣法制局長官)[57]などがいる。

その他

佐伯啓思(思想家)[58]大石眞(憲法学)[59]・・・憲法解釈の変更自体が立憲主義に反するとはいえない

都道府県議会の見解

秋田県議会[60]長崎県議会[60]山口県議会[61]などは賛成の意見を、岩手県議会[62]は反対の意見を決議し、長野県議会三重県議会鳥取県議会なども意見書を決議している[63]

各国・国際機関の見解

支持

欧州連合東南アジア諸国連合[64][65]

ベトナムマレーシアモンゴルミャンマーカンボジアフィリピンラオスホンジュラスオーストラリアアメリカ合衆国カナダイギリスドイツイタリアフランスクロアチアなど44ヵ国[64][65]

否定的

中華人民共和国[66]朝鮮民主主義人民共和国[67]ロシア[68]

その他

大韓民国の外務省は平和安全法制の成立を受けて報道官論評で「平和憲法の精神を堅持し、地域の平和と安定に寄与する方向で(防衛・安保政策を)透明に進めなければならない」という内容で「日本の集団的自衛権の行使が朝鮮半島の安保や韓国の国益に関わる場合は韓国の要請か同意が必要だ」と主張した[69]

呼称について

平和安全法制の呼称・略称には、前述のほか、戦争法案が用いられることもある。この戦争法案という呼称は、平和安全法制に対する批判的な意味合いを込めて用いられている[70][71]。なお、かつて、2003年(平成15年)に小泉内閣が提出して成立した有事法制の関連法案(武力攻撃事態法など)も戦争法案と呼ばれた。今回の平和安全法制にも、武力攻撃事態法の改正案が含まれる。

戦争法案という呼称については、与党の自民党を中心に「レッテル貼りである」等の批判がある。2015年(平成27年)4月1日に行われた参議院予算委員会において、社民党福島瑞穂参議院議員が平和安全法制を戦争法案と呼称したことに対し、自民党は議事録の修正を求めた[72]。もっとも、この修正要求は福島議員に拒否され、結局、自民党も修正要求を取り下げ、議事録は修正されずに公開された[73]。しかし、以後も自民党は戦争法案という呼称はレッテル貼りや誤りであると批判している[74][75]

脚注

  1. ^ a b c d e 平和安全法制等の整備について”. 内閣官房 (2015年5月14日). 2015年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 「平和安全法制」の概要”. 内閣官房 (2015年5月15日). 2015年7月20日閲覧。
  3. ^ 中内康夫・横山絢子・小檜山智之. “平和安全法制整備法案と国際平和支援法案”. 参議院 外交防衛委員会調査室. 2015年7月19日閲覧。「安倍内閣は、2015年(平成27年)5月14日、我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案」(以下「平和安全法制整備法案」という。)及び「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案」(以下「国際平和支援法案」という。)の2法案を閣議決定し、翌15日、国会(衆議院)に提出した。政府は、これらを「平和安全法制」と称している」
  4. ^ 安保法案 衆院本会議で可決”. NHK (2015年7月16日). 2015年7月20日閲覧。「安全保障関連法案は、15日に衆議院の特別委員会で、野党側が強く抗議するなかで可決され」
  5. ^ 安倍政権が「安保法制」成立を急ぐ理由 Newsweek 2015年08月04日
  6. ^ 「平和安全法制」と称することも決めた。
  7. ^ a b c d e f 閣法 第189回国会 72 我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案”. 衆議院 (2015年). 2015年7月19日閲覧。
  8. ^ “平和安全法制整備法案要綱と国際平和支援法案全文”. 時事ドットコム. (2015年5月). http://www.jiji.com/jc/v?p=houan201505a-01 
  9. ^ 安全保障関連法が成立 参院本会議、自公など賛成多数 朝日新聞デジタル2015年9月19日閲覧
  10. ^ 国会関与の強化を閣議決定 自衛隊海外派遣巡り 日本経済新聞 2015年9月19日
  11. ^ 我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案”. 衆議院 (2015年5月15日). 2015年7月19日閲覧。
  12. ^ 「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答 内閣官房
  13. ^ (1)道路交通法、(2)国際機関等に派遣される防衛省の職員の処遇等に関する法律、(3)武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律、(4)武力紛争の際の文化財の保護に関する法律、(5)原子力規制委員会設置法、(6)行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律、(7)サイバーセキュリティ基本法、(8)防衛省設置法、(9)内閣府設置法、(10)復興庁設置法の10法。
  14. ^ a b 「周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」の名称を「重要影響事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」に改正する。
  15. ^ a b 「周辺事態に際して実施する船舶検査活動に関する法律」の名称を「重要影響事態等に際して実施する船舶検査活動に関する法律」に改正する。
  16. ^ 重要影響事態とは、周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律1条の「我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態」(周辺事態)から「我が国周辺の地域における」を削った「我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態」のこと(重要影響事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律(案)1条)。
  17. ^ 国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案” (2015年5月15日). 2015年7月19日閲覧。
  18. ^ 第2次安倍内閣 閣僚名簿”. 首相官邸 (2012年). 2015年7月20日閲覧。
  19. ^ 第1号 平成25年1月28日”. 衆議院 (2013年). 2015年7月20日閲覧。
  20. ^ なお、第1次安倍内閣の時の2007年(平成19年)4月17日にも同じ「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が置かれ、次の福田康夫内閣の時の2008年(平成20年)6月24日に報告書が提出されている。
  21. ^ 安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会の開催について”. 内閣官房 (2013年2月7日). 2015年7月20日閲覧。
  22. ^ 内閣官房長官記者会見 平成25年8月8日(木)午前” (2013年8月8日). 2015年7月20日閲覧。
  23. ^ a b 安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会 (2014年5月15日). “「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」報告書”. 2015年7月20日閲覧。
  24. ^ a b “法制局長官に小松大使 集団的自衛権解釈見直し派”. 日本経済新聞. (2013年8月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0200S_S3A800C1MM0000/ 2015年7月20日閲覧。 
  25. ^ 平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について”. 首相官邸 (2013年12月17日). 2015年7月22日閲覧。
  26. ^ 中期防衛力整備計画(平成26年度~平成30年度)について”. 首相官邸 (2013年12月17日). 2015年7月22日閲覧。
  27. ^ 国家安全保障戦略について” (2013年12月17日). 2015年7月22日閲覧。
  28. ^ 日本の安全保障政策”. 外務省. 2015年7月22日閲覧。
  29. ^ 安倍内閣総理大臣記者会見”. 首相官邸 (2014年5月15日). 2015年7月20日閲覧。
  30. ^ 第3号 平成27年6月4日”. 衆議院 (2015年6月4日). 2015年8月2日閲覧。
  31. ^ “自衛隊法等の一部を改正する法律案”. 衆議院. (2015年7月8日). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DBDE16.htm 2015年9月19日閲覧。 
  32. ^ “領域等の警備に関する法律案”. 衆議院. (20155-07-08). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DBDE2E.htm 2015年9月19日閲覧。 
  33. ^ 維新の党が提出した2法案の修正案は否決された。
  34. ^ 平和安全法制の成立を踏まえた政府の取組について 平成27年9月19日 国家安全保障会議決定 閣議決定2015年9月21日閲覧。
  35. ^ 安保法 「5党合意尊重」を閣議決定2015年9月25日閲覧
  36. ^ a b 憲法学者らから見た安保法案「曲解」「政策論に期待」朝日新聞 2015年7月11日
  37. ^ a b 安保法制「合憲」論者・百地教授「もう侵略戦争しないのか」と外国記者に問われ激怒弁護士どっとコム 2015年6月29日
  38. ^ a b 安保関連法案は、結局のところ違憲?合憲?東洋経済 2015年6月27日
  39. ^ a b c d e 安保法制:5人中3人「違憲」…中央公聴会、有識者が意見 毎日新聞 2015年7月13日
  40. ^ 集団的自衛権論争の本質 東京大学政策ビジョン研究センター
  41. ^ 自衛隊にしっかりとした目配りを 安保法制整備は最終目的ではない 桜林美佐氏 夕刊フジ 2015年5月17日
  42. ^ 朝鮮半島・日本周辺の「軍事的防衛」不足は、緊急の課題である 安保法制の経済学的意味bizjournal 2015年7月12日
  43. ^ 安保法制を扇情的に批判する面々とかつての文革擁護派が一致する驚愕の事実 夕刊フジ 2015年7月17日
  44. ^ 安保法案「合憲」の学者に“殺害予告” RKBニュース 2015年7月17日
  45. ^ a b 安保法案:緊急会見で「暴論」「三重の侮辱」「野蛮な国」 毎日新聞 2015年7月13日
  46. ^ a b 「憲法の限界超える」 安保法案に批判相次ぐ 共同通信 2015年6月7日
  47. ^ a b c d e 反安保 大学にも拡大 「憲法を無力化」「今声上げねば」 東京新聞 2015年7月15日
  48. ^ 集団的自衛権、“不祥事”裁判を容認・根拠とする危険な安倍政権~日米の密談が生んだ判決 bizjournal 2015年4月24日
  49. ^ 「自民党議員は『保守』ではなく『ネトウヨ』」安保法案・小林よしのり氏に聞く(上)弁護士ドットコム 2015年7月14日
  50. ^ a b [1] ハフィントンポスト 2015年7月15日
  51. ^ a b c 安保法案に抗議声明 益川氏ら学者150人が会見 朝日新聞 2015年7月20日
  52. ^ 安保法制の危険性は国会議員が率先して訴えるべきだ 現代ビジネス 2015年7月10日
  53. ^ “「集団的自衛権行使は違憲」 山口繁・元最高裁長官”. 朝日新聞. (2015年9月3日). http://digital.asahi.com/articles/ASH9255ZGH92UTIL02Q.html 2015年9月10日閲覧。 
  54. ^ “元法制局長官「航空機給油は違憲」 参院特別委で指摘”. 朝日新聞. (2015年9月9日). http://digital.asahi.com/articles/ASH985GRCH98UTFK01C.html 2015年9月10日閲覧。 
  55. ^ “(集団的自衛権 行方を問う)9条は存在しないも同然に 秋山収・元内閣法制局長官”. 朝日新聞. (2014年3月18日) 
  56. ^ “元法制局長官「国民危険にさらす」 憲法解釈変更を批判”. 朝日新聞. (2015年6月22日). http://digital.asahi.com/articles/ASH6Q3636H6QUTFK001.html 2015年9月10日閲覧。 
  57. ^ 元内閣法制局長官「安保法案は廃案しかない」”. NHK (2015年9月3日). 2015年9月10日閲覧。
  58. ^ 立憲主義を破壊する…わけがない解釈変更月刊正論  2014年10月号
  59. ^ 「憲法が全てお見透し」は間違いーー大石眞・京都大学教授が立憲主義の議論は不毛と主張legal news 2015年8月3日
  60. ^ a b 安保関連法案の成立促す意見書可決 秋田県議会 朝日新聞 2015年7月9日
  61. ^ 「安保法、今国会で」意見書 山口県議会が可決 山口新聞 2015年7月11日
  62. ^ <安保法案>岩手県議会、廃案求める 河北新報 2015年7月9日
  63. ^ 秋田県議会、安保法案賛成意見書9日可決 全国初 岩手は8日廃案意見書 産経新聞 2015年7月8日
  64. ^ a b 安保法案44カ国が支持 政府資料、欧米・アジア主要国が賛同 (1/2) 産経新聞 2015.08.20
  65. ^ a b 安保法案44カ国が支持 政府資料、欧米・アジア主要国が賛同 (2/2) 産経新聞 2015.08.20
  66. ^ 中国外務省「平和の歩み放棄かと疑念」と批判 ネットでは「安倍政権終わった」
  67. ^ 「侵略のための悪法」と非難=北朝鮮
  68. ^ 日露外相会談:会談後の会見で「日本の安保法制を憂慮」
  69. ^ 韓国、安全保障関連法成立も黙認 日中韓首脳会談見すえ、対日関係改善に腐心
  70. ^ ストップ戦争法案 憲法違反は許しません日本共産党中央委員会2015年7月21日閲覧
  71. ^ 「俺たちは怒っている」SEALDs主催 夜の国会前に5万人 東京新聞2015年7月21日
  72. ^ 自民、異例の議事録修正要求 福島氏の「戦争法案」発言朝日新聞2015年7月21日閲覧
  73. ^ “「戦争法案」議事録修正せず=自民了承、野党反発に配慮”. 時事通信. (2015年4月28日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015042800889 2015年8月11日閲覧。 
  74. ^ 若者デモ「戦争法案だとか間違った情報も」高市総務相 朝日新聞2015年7月21日閲覧
  75. ^ 「米国の戦争に巻き込まれることは絶対にない」“戦争法案”はレッテル貼り 産経新聞2015年7月21日閲覧

関連項目

外部リンク