平和交通 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平和交通株式会社
Heiwa Kotsu Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
231-0011
神奈川県横浜市中区太田町三丁目33番地
設立 1950年(昭和25年)11月15日
業種 陸運業
法人番号 9020001028773
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
代表者 新井忠男(代表取締役
資本金 1億1,975万円
売上高 75億円
純利益 ▲5900万円(2020年06月30日時点)[1]
総資産 178億3600万円(2020年06月30日時点)[1]
従業員数 1,700名
外部リンク http://www.heiwa-koutsu.co.jp/
テンプレートを表示

平和交通株式会社(へいわこうつう)は、神奈川県及び東京都を営業区域とするタクシー会社。1950年(昭和25年)11月15日に設立され、横浜市中区に本社をおく。神奈川県内では所有台数がもっとも多い。

概要[編集]

平和交通のタクシー
(神奈川県内車。車種:クラウンコンフォート)

所有台数は約700台で、そのほとんどがクラウンコンフォートだが、ジャパンタクシーセドリックNV200も少数存在する。黄色に白線の塗装と、緑地の(Heiwaの)H形に白字で「平和」と描かれた天井灯が目印。神奈川県内の車両は車両番号は後扉より後側に表記し(画像参照)、都内の車両は後扉に「平和交通 xx」のような表記をしている。電話番号の通知システムを利用し、無線配車を依頼すると二回目以降は場所の指示を出さなくてもカーナビに表示され、客先にタクシーが到着する仕組みを導入している。 ハイヤーの保有もあり、クラウン、セドリックセダンを使用しており、車体色は紺色、クラウン以外のハイヤーはタクシーのように小型の行灯を使用している。(行灯は紺色に白のローマ字でHEIWA)かつてはフーガを使用していたこともあったが、現在はない。

チケットは自社発行のほか、日本個人タクシー連合会(日個連)の発行するチケットも提携して使えるようになっている。

2018年10月にディー・エヌ・エーが提供するスマートフォン用タクシー配車アプリ「MOV」(現・GO)を導入[2]

なお当社は、千葉県平和交通ビィー・トランセグループ)や東京無線加盟の平和タクシー、およびチェッカーキャブ加盟の平和自動車交通とは関係ない(なお、このうち平和自動車交通は系列の国際交通が同じくチェッカーキャブ加盟にて神奈川県に所在する)。

拠点[編集]

営業所[編集]

交通圏 営業所 所在地 備考
神奈川 京浜 関内営業所 横浜市中区太田町3-33  
間門営業所 横浜市中区池袋345 
保土ケ谷営業所 横浜市保土ケ谷区岩井90 整備・板金工場併設
新子安営業所 横浜市神奈川区新子安1-35-5 整備工場併設
和田町営業所 横浜市保土ケ谷区峰岡3-345  
新横浜営業所 横浜市港北区篠原町1400 
西営業所 横浜市西区南浅間町26-2
鶴見営業所 横浜市鶴見区鶴見中央2-13-22
向町営業所 川崎市川崎区渡田向町1-11 整備・板金工場併設
浅田営業所 川崎市川崎区浅田1-11-12  
渡田営業所 川崎市川崎区渡田4-12-3
東京 23区武三 羽田営業所 大田区羽田1-16-16 整備工場併設
元・東部無線加盟[3]

無線配車センター[編集]

  • 横浜 045-663-8181 
  • 川崎 044-244-8181(横浜市中区の配車室への転送)

その他[編集]

傍系会社:和同交通のタクシー(車種:クラウンコンフォート)
  • 横浜市内(京浜交通圏)で営業しているひばり交通・和同交通・北斗タクシーはグループ会社(車体色、行灯は各社とも異なる)で、他に平塚市内にも1社グループ会社がある。
  • その他のグループ会社として平和ゴルフクラブ(横浜市港南区)、平和不動産(横浜市中区)、旅行業、LPガススタンド、板金工場、損保代理店などがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平和交通株式会社 第73期決算公告
  2. ^ DeNA プレスリリース DeNA、東都⾃動⾞・⽇の丸⾃動⾞と次世代タクシー配⾞アプリの都内展開で協業開始 2018年10月15日
  3. ^ 羽田営業所は1980年代後半から東部無線に加盟していたが(行灯も東部無線のものを装着)、同無線が東京無線に吸収された際に無線を撤去し、非無線車である。

外部リンク[編集]