干場一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
干場 一夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1924-04-29) 1924年4月29日
没年月日 (2013-11-12) 2013年11月12日(89歳没)
身長
体重
170 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年4月16日
最終出場 1952年9月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

干場 一夫(ほしば かずお、1924年4月29日 - 2013年11月12日)は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

旧制北海道庁立旭川中学校(現:北海道旭川東高等学校)、日本製鐵輪西旭川鉄道局を経て、1950年大阪タイガースに入団。初年度である同年に10勝を挙げる活躍をする。オーソドックスなアンダースロー投手であった。1951年も先発陣の一角として期待されたが4勝に終わり、1952年に肩を故障して退団。わずか3年のプロ野球生活であった。

2013年11月12日、89歳で死去した[1]

偵察メンバー第1号[編集]

予告先発制度の導入前によく行われていた投手による偵察メンバーであるが、干場はその第1号である。1950年4月22日、熊本市水前寺野球場での対中日ドラゴンズ戦で、中日の先発投手が左の清水秀雄か右の服部受弘で迷った松木謙治郎選手兼任監督は、前日の対広島カープ戦で完投勝利を挙げた干場を1番・レフトとして出場させる。服部の先発が分かると、1回表に左打者の金田正泰がレフトの守備に送られて交代した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 大阪 37 21 10 2 0 10 4 -- -- .714 832 192.1 190 19 91 -- 3 45 1 1 93 83 3.88 1.46
1951 27 9 2 0 0 4 6 -- -- .400 350 81.1 83 15 32 -- 3 14 0 0 44 41 4.54 1.41
1952 17 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 130 29.1 41 3 6 -- 1 2 0 0 13 10 3.07 1.60
通算:3年 81 32 12 2 0 14 10 -- -- .583 1312 303.0 314 37 129 -- 7 61 1 1 150 134 3.98 1.46

背番号[編集]

  • 8 (1950年 - 1952年)

脚注[編集]

  1. ^ OB NEWS Vol.60 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2014年2月). 2015年7月5日閲覧。

関連項目[編集]