幡多けんみん病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 高知県立幡多けんみん病院
幡多けんみん病院.jpg
情報
正式名称 高知県立幡多けんみん病院
前身 高知県立西南病院、高知県立宿毛病院
標榜診療科 内科、外科、小児科、精神科、皮膚科、放射線科、麻酔科、産科婦人科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、泌尿器科
許可病床数

355床
一般病床:324床


感染症病床:3床


結核病床:28床
職員数 441人(2011年5月)
開設者 高知県
管理者 橘壽人(病院長)
開設年月日 1999年4月24日
所在地
788-0785
高知県宿毛市山奈町芳奈3-1
位置 北緯32度58分0秒 東経132度48分19.7秒 / 北緯32.96667度 東経132.805472度 / 32.96667; 132.805472 (高知県立幡多けんみん病院)座標: 北緯32度58分0秒 東経132度48分19.7秒 / 北緯32.96667度 東経132.805472度 / 32.96667; 132.805472 (高知県立幡多けんみん病院)
二次医療圏 幡多
PJ 医療機関
テンプレートを表示

高知県立幡多けんみん病院(こうちけんりつはたけんみんびょういん)は、高知県宿毛市にある医療機関。3市3町村からなる幡多地域の中核病院であり、高知県災害拠点病院に指定されている。幡多保健医療圏内で最大の病床数を有する。1日入院患者数240.6人、1日外来患者数543.3人、救急患者数13903件、救急車搬入件数2,589件(25年度)[1] また、隣接地に高知県立幡多看護専門学校がある。

隣接する高知県立幡多看護専門学校

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1948年5月1日 - 日本医療団から施設を譲渡され、高知県立宿毛病院発足
  • 1951年7月11日 - 幡多郡中村町右山に高知県立幡多結核療養所を設置
  • 1957年1月10日 - 高知県立幡多結核療養所を高知県立西南病院と改称する
  • 1999年4月24日 - 両病院を統合し、高知県立幡多けんみん病院発足
  • 2012年4月1日 - 地域がん診療連携拠点病院に指定

医療機関の指定[編集]

診療科等[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高知県臨床研修ガイドブック”. 高知県臨床研修連絡協議会. 2015年1月2日閲覧。
  2. ^ 高知県災害時医療救護計画 高知県

参考文献[編集]

外部リンク[編集]