幌加内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幌加内駅
Horokanai-Sta.jpg
駅舎(1994年8月31日)
ほろかない
Horokanai
新成生 (3.8km)
(3.1km) 上幌加内
所在地 北海道雨竜郡幌加内町字幌加内
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 深名線
キロ程 43.7km(深川起点)
電報略号 ロカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
151人/日
-昭和54年-
開業年月日 1929年(昭和4年)11月8日
廃止年月日 1995年(平成7年)9月4日
備考 路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示
1977年の幌加内駅と周囲約500m範囲。上が朱鞠内方面。副本線側ストックヤードには多くの木材が、また駅横の貨物ホーム付近には石炭が野積みされている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

幌加内駅(ほろかないえき)は、北海道空知支庁雨竜郡幌加内町字幌加内にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)深名線廃駅)である。深名線の廃線に伴い1995年(平成7年)9月4日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅であった。互いのホームは駅舎側ホーム南側と対向側ホーム南側を結んだ構内踏切で連絡した[4]。線路西側の駅舎側ホーム(西側)が下りの1番線、対向側ホーム(東側)が上りの2番線となっていた。そのほか1番線の名寄方から駅舎側に分岐し駅舎北側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1本有していた[4]。かつては対向側ホームは島式ホーム[5]、1983年(昭和58年)時点では外側の1線は側線として残っていた[5]。この側線からは深川方に伸びる行き止まりの短い側線を1線有した[5]。その後1993年(平成5年)までには撤去された[4]

職員配置駅で、駅舎は木造平屋建てで構内の西側に位置し1番線ホーム中央部分に接していた[4]。開業時は北母子里駅舎より若干大きい程度であったが、1956年(昭和31年)まで(時期不詳)に増改築されている[6][注 1]。その後も改修されており、外壁は防水ベニヤ張りであった[5]。1983年(昭和58年)時点では駅舎内に売店を有した[5]が、1991年(平成3年)に撤退した。

駅前広場には大きな庭石を配した築山と、「歓迎 幌加内町」と記載されたが設置されていた[5][4]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「ホロカ・ナイ」(後に戻る川)に由来する。付近を流れる幌加内川が、本流である雨竜川が北から南に流れるのに対して逆向きの流路を取っており、遡って山中に行こうとすればかえって遠回りになることから付けられた。

士幌線幌加駅と同じ語源である。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は151人[5]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は42人[4]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

廃駅後も駅舎は現役当時そのままに残され地域の集会所[9]及びバス待合所[10]として再利用されていたが、2000年(平成12年)3月19日に発生した火災により焼失した。その後は駅前ロータリーと下りホームが残されていたが、2002年(平成14年)に道路工事のため全て姿を消した。2010年(平成22年)時点[11]では駅跡に「JR深名線 幌加内駅跡」と彫られた庭石と線路によるモニュメントが設置され、2011年(平成23年)時点でも同様であった[10]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
深名線
新成生駅 - 幌加内駅 - 上幌加内駅

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

脚注[編集]

  1. ^ 63.6㎡→87.6㎡(幌加内町史による)。

出典[編集]

  1. ^ 『北海道鉄道百年史 下巻』1981年3月 日本国有鉄道北海道総局 編集・発行。
  2. ^ a b c d e f 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年10月 JTB編集発行。
  3. ^ 新幌加内町史 P597-598 。
  4. ^ a b c d e f 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)75ページより。
  5. ^ a b c d e f g h 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)205ページより。
  6. ^ 幌加内村史 1958年11月、P516。
  7. ^ 書籍『全国保存鉄道III 東日本編』(監修:白川淳、JTBパブリッシング1998年11月発行)41ページより。
  8. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)15ページより。
  9. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング、2000年1月発行)35ページより。
  10. ^ a b 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)175ページより。
  11. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)41ページより。

関連項目[編集]