幅允孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幅 允孝(はば よしたか、1976年[1] - )は、日本の選書家、ブックディレクター、編集者、執筆家。有限会社BACH(バッハ)代表[1]愛知県立芸術大学非常勤講師[1]

愛知県津島市生まれ[1]慶應義塾大学法学部卒業。青山ブックセンター六本木店、建築・デザイン書の担当を経て、株式会社ジェイ・アイ入社。石川次郎に編集を学ぶ。その後独立し、2005年10月に選書集団・BACH(バッハ)を設立。社名は自分の名前と音楽家に由来する。選書、編集、執筆、企画、ディストリビューション、また展覧会のキュレーションなど、本をツールに幅広い分野で活動する。アーセナルFCのファンを公言している。

主な仕事[編集]

ライブラリー制作[編集]

本の売り場ディレクション[編集]

編集[編集]

寄稿[編集]

著書[編集]

  • 千里リハビリテーション病院共同監修「つかう本」(ポプラ社
  • 「幅書店の88冊 あとは血となれ、肉となれ」(マガジンハウス
  • 「本なんて、読まなくったっていいのだけれど」(晶文社
  • 「ドラえもん名言集『のび太くん、もう少しだけがんばって』」(小学館
  • 「本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事」(高瀬毅著、文藝春秋)

キュレーション[編集]

ラジオ[編集]

テレビ出演[編集]

インタビュー掲載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 本なんて読まなくたっていいのだけれど、 晶文社

外部リンク[編集]