常陽山正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

常陽山 正治(じょうようざん まさじ、1903年1月25日 - 1972年1月25日)は、出羽海部屋に所属した力士。引退後は9代稲川を襲名し、後進の指導につとめた。本名は楡井正次。身長174cm、体重88kg。新潟県中頸城郡(現妙高市)出身。最高位は東十両筆頭。

経歴[編集]

1919年1月初土俵、1932年2月十両昇進。東筆頭まで躍進するが入幕はならず、1938年5月に引退し9代稲川を襲名した。平年寄で役職には就けず、1968年1月定年退職。1972年心臓衰弱で死去。なお、生没同日である。

成績[編集]

  • 十両12場所54勝80敗

改名[編集]

黒姫山→常陽山 [1]

出典[編集]

関連項目[編集]