常盤城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
常盤城
愛媛県
別名 本城、亀城
城郭構造 山城
築城主 勧修寺氏
築城年 永正から天文年間
主な城主 勧修寺氏
廃城年 天正15年(1587年)?
指定文化財 愛南町指定史跡
位置 北緯32度57分37.6秒
東経132度34分55.4秒
地図
常盤城の位置(愛媛県内)
常盤城
常盤城

常盤城(ときわじょう)は、愛媛県南宇和郡愛南町に存在した日本の城山城)。町の史跡[1]

概要[編集]

城辺平野の中央部、僧都川蓮乗寺川に面した標高35mの諏訪山にあった。御荘殿と呼ばれた勧修寺氏の本城で、支城には大森城数城今木城鳶巣城緑城猿越城などがあった。

勧修寺氏は西園寺氏の麾下に入っており、永正から天文年間に当城を建てたとみられる。永禄元年(1558年)に大友氏天正3年(1575年)には長宗我部氏に責められている。一時は土佐一条氏を援護して逆に土佐国に侵入したが、天正11年(1583年)に長宗我部氏に猿越城と緑城を落とされ、天正12年(1584年)に降伏した。四国の役の後、天正15年(1587年)に新領主の戸田勝隆から下城を余儀なくされた勧修寺氏は京に上ったという。

跡地は諏訪公園となっており、1964年に支城の大森城・緑城とともに愛南町の史跡に指定された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]