常田隆永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
常田隆永
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀3年(1572年)?
別名 隆家、通称:新六郎
戒名 月窓院殿傳叟一天大居士
墓所 長野県上田市月窓寺
官位 伊予守出羽守
主君 真田頼昌武田信玄
氏族 真田氏常田氏
父母 父:真田頼昌
あるいは海野棟綱海野幸義
兄弟 真田綱吉真田幸隆矢沢頼綱隆永鎌原幸定海野幸景萩原綱重[1]
俊綱?

常田 隆永(ときだ たかなが)は、戦国時代武将上野国長野原城主。

略歴[編集]

常田氏信濃国国人滋野氏の一族である海野氏の傍流。常田(現在の長野県上田市)は荘園として早くから開けた土地で八条院領であった事が知られるが、常田家に関しては系譜も含めて文献がほとんど無く、詳細は不明[2]

兄は武田信玄に仕えた真田幸隆で、隆永は常田家の養子となり、兄と同じく武田信玄に仕えた[2]永禄5年(1562年)、上杉政虎(輝虎・謙信)に属する斎藤憲広の居城だった上野長野原城が武田方に落とされると、その城代に任命された。しかし翌永禄6年(1563年)、憲広の反撃に遭い城を落とされ戦死したという。元亀3年(1572年)、上杉氏との合戦で戦死したとも伝わる。

ただ、これらの経歴に関しては不明な点が多く、実情はわからない。武田家臣として『甲陽軍鑑』には隆永の名は散見しており、同書の「信玄代惣人数書上」では信濃先方衆として矢沢氏と共に記載されており、隆永は真田家の家臣ではなく、独立した小領主として甲斐武田氏に認められていたようである[2]常田俊綱は子と言われるが、隆永自身だともいう。

子孫は矢沢氏と同じく真田家の家臣として存続した[2]

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柴辻俊六 著『人物叢書‐真田昌幸』吉川弘文館、1996年、p.8
  2. ^ a b c d 柴辻俊六 著『人物叢書‐真田昌幸』吉川弘文館、1996年、p.10

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『甲陽軍鑑』

関連作品[編集]