常澤聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常澤 聡 Football pictogram.svg
名前
愛称 トキ[1][2]
カタカナ トキザワ サトシ
ラテン文字 TOKIZAWA Satoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-31) 1985年7月31日(32歳)
出身地 群馬県藤岡市[3][4]
身長 186cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足[1][4]
ユース
2001-2004 日本の旗 前橋育英高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 日本の旗 東京ヴェルディ1969 0 (0)
2007-2010 日本の旗 ザスパ草津 44 (0)
2011-2012 日本の旗 FC東京 0 (0)
2013-2014 日本の旗 モンテディオ山形 35 (0)
2015- 日本の旗 FC岐阜 25 (0)
代表歴
 
1. 国内リーグ戦に限る。2017年3月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

常澤 聡(ときざわ さとし、1985年7月31日 - )は、群馬県藤岡市出身のプロサッカー選手。ポジションゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学校3年生の時にサッカーを始めた[2][4]2001年前橋育英高校に進学。2003年(3年生時)には群馬県選抜の一員として国体で準優勝。同年末、同期の石亀晃小泉訓小林竜樹武田英明らと共に全国高校サッカー選手権に出場した。

2004年東京ヴェルディ1969に入団。しかし高木義成の前に出場機会を得られず、2005年にはJ2降格を喫した。

2007年ザスパ草津に加入[5]本田征治北一真らと正GKの座を争ったが、レギュラーには定着できなかった。本田が退団した2010年は、北を制して正GKに入り27試合に出場。シーズン終了後、自身の意思により草津を退団した[6]

2011年よりGKコーチの山岸範之と共にFC東京へ加入したが[3]塩田仁史権田修一に次ぐ第3GKの立場に留まった[7]。同年結婚[4]

2013年からモンテディオ山形へ完全移籍[8][9]。素早い反応と長い手足によるシュートストップでアピールし[10]、第3節長崎戦から出場機会を得ると、好セーブを連発してチームの4連勝に貢献[4]清水健太に替わる正GKとして定着した。しかし2014年は監督交替もあり清水が復権。清水負傷時に一時ベンチ入りするも、山岸範宏が加入して以降は兼田亜季重が控えを務めることが多くベンチ外が続いた。

2015年FC岐阜へ完全移籍[11][12]太田岳志川口能活に変わって夏場以降先発に定着し、好不調の波はあったものの失点減に貢献した[13]。しかし、2016年になると高木義成2017年にはビクトル・イバニェスにそれぞれ後塵を拝した。

エピソード[編集]

  • 両腕を広げると190cmの長さになり[14]、手足の長さからスパイダーマンに例えられる[15][2]
  • イジられキャラ[16]かつ不思議キャラ[17]。草津では選手寮の自室に鍵をかけておらず、チームメートの溜まり場となっていた[16]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 東京V 12 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 26 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 34 J2 0 0 - 0 0 0 0
2007 草津 21 0 0 - 0 0 0 0
2008 1 0 - 0 0 1 0
2009 16 0 - 2 0 18 0
2010 27 0 - 1 0 28 0
2011 FC東京 31 0 0 - 0 0 0 0
2012 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 山形 21 J2 35 0 - 3 0 38 0
2014 0 0 - 0 0 0 0
2015 岐阜 22 18 0 - 1 0 19 0
2016 1 7 0 - 0 0 7 0
2017 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 104 0 - 7 0 111 0
総通算 104 0 0 0 7 0 111 0
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 31 0 0
通算 AFC 0 0

代表・選抜歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PLAYER'S DATABASE”. 2007年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月2日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、180頁。
  3. ^ a b 常澤 聡選手 移籍加入決定のお知らせ FC東京 (2010.12.31)
  4. ^ a b c d e f g 山形常沢6月パパに家族もゴールも守るぞ 日刊スポーツ (2013年4月5日)
  5. ^ 常澤聡選手 ザスパ草津移籍のお知らせ 東京ヴェルディ1969 (2006年12月20日)
  6. ^ 常澤聡選手 今シーズン限りで退団のお知らせ”. 2010年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月9日閲覧。 ザスパ草津 (2010.12.03)
  7. ^ 小林伸二監督と長島裕明コーチ、思い出深き古巣の山形戦を迎える blogola (2013年6月6日)
  8. ^ 常澤聡選手モンテディオ山形へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2012年12月29日)
  9. ^ 常澤聡選手 FC東京より完全移籍加入のお知らせ”. モンテディオ山形 (2012年12月29日). 2012年12月29日閲覧。
  10. ^ 【モンテ】新戦力3 GK常沢聡 シュートに素早い反応”. 2013年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月2日閲覧。 山形新聞 (2013年2月4日)
  11. ^ 常澤聡選手 FC岐阜へ完全移籍のお知らせ モンテディオ山形 (2015年1月4日)
  12. ^ 常澤聡選手、モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ”. FC岐阜 (2015年1月4日). 2015年1月4日閲覧。
  13. ^ 月刊J2マガジン 2016年1月号』 ベースボール・マガジン社2015年、73頁。
  14. ^ エル・ゴラッソ Jリーグプレーヤーズガイド2013』 スクワッド、2013年、138頁。
  15. ^ 草津GK常沢獲りへ 東京中日スポーツ、2010.12.09
  16. ^ a b 【J2:第10節 草津 vs 東京V】プレビュー Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2009年4月25日)
  17. ^ 常澤選手に週刊プレイボーイがインタビュー エル・ゴラッソweb版BLOGOLA、2010.10.01

関連項目[編集]

外部リンク[編集]