常安寺 (長岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
常安寺
Joan-ji, Tochio, Nagaoka 01.jpg
所在地 新潟県長岡市谷内2-7-7
山号 報恩林清瀧山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼佛如来
創建年 天文16年(1547年
開山 泰廉門察大和尚
開基 長尾景虎
札所等 火防札・御朱印 等
文化財 謙信公兜の前立 他
公式サイト 常安寺|公式ホームページ
法人番号 1110005012409 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
常安寺

常安寺(じょうあんじ)は、新潟県長岡市谷内2丁目(旧栃尾市)の秋葉山麓にある曹洞宗寺院山号は報恩林清瀧山。


寺伝では長尾景虎上杉謙信)が、瑞麟寺5世住職を開山に創建したとされる。上杉景勝会津移封に伴い、会津、米沢に移転したが、元禄14年(1701年)に現在地に復興される。

末寺に東中俣の東光寺、原の善昌寺、泉の玉泉寺、常安寺門前の観音寺がある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]