常光寺 (八尾市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
常光寺
Jokoji, Yao01.JPG
本堂
所在地 大阪府八尾市本町5-8-1
位置 北緯34度37分49.11秒
東経135度35分52.92秒
山号 初日山
宗派 臨済宗南禅寺派
本尊 地蔵菩薩
創建年 伝・奈良時代
開基 伝・行基
別称 八尾地蔵尊
札所等 河内西国三十三箇所3番
おおさか十三仏霊場5番
文化財 常光寺境内の河内音頭(日本の音風景100選)
法人番号 2122005002206
テンプレートを表示
山門

常光寺(じょうこうじ)は、大阪府八尾市本町にある 臨済宗南禅寺派の寺院。南禅寺塔頭金地院の末寺で、山号は初日山。 通称は八尾地蔵尊

本尊は地蔵菩薩で、弘仁年間(810年 - 824年ごろ)、小野篁の作と伝えられている。 山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑がある。また、境内に大坂の役で戦死した藤堂家の戦死者の墓がある。

歴史[編集]

奈良時代に僧行基が創建したと伝えられている。当初は「新堂寺」と称していた。

南北朝期に戦乱で寺は焼かれ、一旦は荒廃した。至徳2年(1385年)に土豪・藤原盛継により復興、翌年に地蔵尊・阿弥陀堂などを再建した。室町時代足利義満から、自筆の 「初日山」「常光寺」 の額が納められた。(寺宝として現存。)

大坂の役において、付近は激戦地となったが、本寺は徳川方の保護を受けた。 徳川方の武将・藤堂高虎は本堂の北にある住職の居間(方丈)の縁側に敵方の首級を並べて「首実検」をしたという。その縁板は後に方丈の西廊下の天井として貼り替えられた。 おびただしい血痕がついていたため、「血天井」と称された。

行事[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府八尾市本町5-8-1

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]