帰り花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

帰り花(かえりばな)とは、11月頃の小春日和に、躑躅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のこと。ひとが忘れた頃に咲くので、「忘れ花」といった言い方もされる。「返り花」とも書き、「二度咲」「狂い咲」ともいう。

また、帰り花には、遊女が再び遊郭に勤めに出る意味もある[1]

俳句における帰り花[編集]

俳句では季語の一つとなっている。和歌連歌には詠題としてはないが、俳諧に到って盛んに作られるようになり、「凩に匂ひやつけし帰花」(松尾芭蕉『後の旅』)、「かへり花暁の月にちりつくす」(与謝蕪村『夜半叟句集』)、「あたら日のついと入りけり帰り花」(小林一茶『享和句帖』)などの例が見られる[2]

脚注[編集]

  1. ^ マナーうんちく話833《「返り花」と「遊女」》”. 平松幹夫 - マイベストプロ岡山. 2015年2月15日閲覧。
  2. ^ 山本健吉 『基本季語五〇〇選』 講談社学術文庫、1989年、p841-842。

外部リンク[編集]