帰ってきたMr.ダマー バカMAX!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』(Dumb and Dumber To)は、2014年に公開されたジム・キャリー主演のコメディ映画ファレリー兄弟作品(脚本・監督)であり、兄弟の商業デビュー作である『ジム・キャリーはMr.ダマー』の20年ぶりの続編。

ジム・キャリーとジェフ・ダニエルズが、前作で演じたキャラクターの20年後を演じた。

あらすじ[編集]

前作から20年、ロイド(ジム・キャリー)は重病で病院にずっと入院していたが、それは親友ハリー(ジェフ・ダニエルズ)を騙すためのギャグだった。

ハリーが腎臓移植を必要としており、ハリーが学生時代につきあったフリーダとの間に、娘ペニーが生まれていたことを二人は知る。フリーダは、娘を生後すぐに、高名な科学者ピンチロー博士に養子に出していた。

ハリーは腎臓ドナーを頼むために、ロイドは彼女に「一目惚れ」したため、ペニーを探す旅にでかけるが、ピンチロー博士の後妻とその愛人による陰謀にまきこまれていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロイド・クリスマス ジム・キャリー 山寺宏一
ハリー・ダン ジェフ・ダニエルズ 大川透[1]
フリーダ・フェルチャー キャスリーン・ターナー 磯辺万沙子
アデル・ピンチロー ローリー・ホールデン 岡田恵
トラヴィス&キャプテン・リッピンコット ロブ・リグル 三宅健太
ペニー・ピンチロー レイチェル・メルヴィン 藤田彩
バーナード・ピンチロー博士 スティーヴ・トム 佐瀬弘幸
ロイ・ベイカー博士 ドン・レイク
カメオ出演 ビル・マーレイ

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 前作で同役の吹替を担当した野沢那智が故人となっているため交代。

外部リンク[編集]