帯廣神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帯廣神社
帯廣神社拝殿
拝殿
所在地 北海道帯広市東3条南2丁目1番地
位置 北緯42度55分55.88秒
東経143度12分31.58秒
主祭神 大國魂神
大那牟遲神
少彦名神
社格 県社・別表神社
創建 1910年(明治43年)
本殿の様式 神明造
例祭 9月24日
テンプレートを表示

帯廣神社(おびひろじんじゃ)は、北海道帯広市にある神社である。旧社格は県社。

大國魂神大那牟遲神少彦名神の開拓三神を祀る。

由緒[編集]

1883年明治16年)、開拓団体「晩成社」が帯広に移住し、1885年(明治18年)ごろから祭祀を行っていた。1890年(明治23年)には祠を建てて「帯廣神社」と称した。これが当社の起源ともされる。しかし、帯廣神社側では、晩成社によるこの「帯廣神社」と現在の「帯廣神社」との関係は不明としている。

1909年(明治42年)、現在地に新たに神社を創立することとなり、翌1910年(明治43年)に神社創立願が北海道庁に提出された。同年9月24日、札幌神社(現・北海道神宮)から分霊の勧請を受けた。1911年(明治44年)5月に無格社に列し、1918年大正7年)に郷社1930年昭和5年)に県社に昇格した。1976年(昭和51年)に神社本庁別表神社に加列された。2010年平成22年)には、「御鎮座百周年記念事業」が行われる。

関連項目[編集]

  • 銀の匙 Silver Spoon - 作中に登場する「大蝦夷神社」のモデル。主人公とヒロインの初デートの舞台となった。

外部リンク[編集]