帯広郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Postal Mark w (Japan).svg 帯広郵便局
Obihiro-Post-Office-01.jpg
基本情報
正式名称 帯広郵便局
局番号 91003
設置者 日本郵便株式会社
所在地 080-8799
北海道帯広市西三条南8-10
位置 北緯42度55分22.4秒
東経143度12分3.1秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 帯広店(札幌支店帯広出張所)
取扱店番号 910030
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
特記事項
ゆうゆう窓口は24時間営業
ATMホリデーサービス実施

帯広郵便局(おびひろゆうびんきょく)は、北海道帯広市にある郵便局である。民営化前の分類では集配普通郵便局であった。局番号は91003。

概要[編集]

住所:〒080-8799 北海道帯広市西三条南8-10

同一施設内に日本郵政・日本郵便・ゆうちょ銀行の郵政3社が同居する、全国でも数少ない郵便局である。 郵政民営化の見直しによる統合後も郵便事業帯広支店が行っていた、郵便番号の上2桁が08の地域(北海道十勝総合振興局釧路総合振興局根室振興局各管内のほぼ全域)を受け持つ統括機能は変わっていない(ただし、ゆうパックの区分は、後述のように当局の分室が担当)。

併設施設[編集]

分室[編集]

  • 帯広郵便局分室 (910031、91003A) - 〒080-2598 北海道帯広市西二十一条南1丁目14番地の1に所在。郵便事業帯広ターミナル支店廃止後の跡地に、郵便事業帯広支店分室として設置され、日本郵便発足時に、当局の分室となった。本局は郵便物の地域区分、当分室はゆうパックの地域区分と区分業務をそれぞれ分担している。ゆうゆう窓口は、分室側には未設置。

沿革[編集]

  • 1892年(明治25年)11月1日 - 十勝国河西郡帯広村三等郵便局として開局[1][2]
  • 1896年(明治29年)3月1日 - 為替・貯金業務を開始[1][3]
  • 1897年(明治30年)10月11日 - 帯広郵便電信局に改称[1][4]
  • 1903年(明治36年)4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い帯広郵便局となる[1][5]
  • 1921年(大正10年)2月6日 - 等級を二等郵便局に改定[6]
  • 1939年(昭和14年)11月2日 - 等級を一等郵便局に改定[7]
  • 1959年(昭和34年)5月1日 - 電話通話および和文電報受付事務の取扱を開始[8]
  • 1962年(昭和37年)12月3日 - 帯広市西二条南八丁目から、同市西三条南八丁目に局舎を新築、移転。
  • 1975年(昭和50年)7月 - 局舎落成。
  • 1991年(平成3年)10月1日 - 外国通貨の両替および旅行小切手の売買に関する業務取扱を開始。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業帯広支店、ゆうちょ銀行帯広店、かんぽ生命保険帯広支店に一部業務を移管。
  • 2011年(平成23年)7月11日 - 中士幌集配センターの廃止に伴い、郵便事業帯広支店士幌集配センターが同集配センターの業務を承継。
  • 2012年(平成24年)2月13日 - 郵便事業帯広ターミナル支店の廃止にともない、同支店の跡地に郵便事業帯広支店分室を設置。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業帯広支店を帯広郵便局に統合。郵便事業帯広支店分室は帯広郵便局分室に改称。
  • 2014年(平成26年)7月22日 - かんぽ生命保険帯広支店が当局から帯広市西三条南9-2セントラル十勝ビルに移転[9]

取扱内容[編集]

帯広郵便局[編集]

ゆうちょ銀行帯広店[編集]

日本郵政北海道郵政健康管理センター帯広分室[編集]

  • 医療施設ではあるが、主たる業務は受持地域内の社員に対する健康診断等、労働法上の産業医としての業務である。

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]