帯刀貞代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たてわき さだよ
帯刀 貞代
『写真近代女性史』(1953年)より
生誕 1904年6月7日
島根県飯石郡掛合村(現・雲南市
死没 (1990-03-31) 1990年3月31日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 松江高等女学校(現・島根県立松江北高等学校
テンプレートを表示

帯刀 貞代(たてわき さだよ、1904年6月7日 - 1990年3月31日)は、日本の女性運動家新日本婦人の会代表委員。

来歴[編集]

1929年8月、「労働女塾」を開いた。右端が帯刀。

島根県飯石郡掛合村(現・雲南市)出身。松江高等女学校(現・島根県立松江北高等学校)卒業後の1924年に上京、織本利との結婚をきっかけに労働運動に関わる(1929年離婚)。昭和初め、全国婦人同盟無産婦人同盟の結成に参加した。

1929年8月、東洋モスリン亀戸工場の女性労働者を主たる対象として「労働女塾」を開いた[1]労働者意識と女子教育を組み合わせた教育活動を行う。1930年同工場の閉鎖を巡る労働争議に参加、その後検挙と投獄を繰り返しながら執筆活動を行った。戦後も婦人解放運動に取り組んだ。

1962年、新日本婦人の会の結成に参加。代表委員に就任。

著書[編集]

  • これからの婦人 世界画報社 1948
  • 働く女性のために 雄文社 1949
  • 日本の婦人 婦人運動の発展をめぐって 岩波新書 1957
  • 女性の生き方 新日本新書 1973
  • ある遍歴の自叙伝 草土文化 1980.6
  • 日本労働婦人問題 ドメス出版 1980.7
共著
  • 戦後婦人運動史 長谷川章子、井手文子共著 大月書店 1960(戦後運動史双書)

脚注[編集]

  1. ^ 小畑精武. “東洋モスリン争議と帯刀貞代の「労働女塾」”. 現代の理論. 2023年10月31日閲覧。

参考文献[編集]