師長国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

師長国造(しながのくにのみやつこ・しながこくぞう)は相模国西部の酒匂川流域を支配した国造磯長国造とも表記する。

概要[編集]

祖先[編集]

氏族[編集]

丈部氏(はせつかべうじ、は不明)で、一族に宗我部氏がおり、これは武蔵府中六社(大國魂神社社家の猿渡氏の祖とされる[1]

本拠[編集]

国造の本拠は相模国余綾郡磯長郷、現在の神奈川県大磯町二宮町周辺に相当する。

氏神[編集]

相模国二宮川勾神社(かわわじんじゃ)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  1. ^ 中田憲信「東国諸国造 天津彦根之裔」『諸系譜』第一冊。