師走冬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

師走 冬子(しわす とうこ、7月27日 - )は、日本4コマ漫画家群馬県出身・在住。女性芳文社竹書房双葉社ぶんか社の4コマ誌(4コマ漫画専門雑誌)などで作品を発表している。

2000年頃から芳文社の4コマ誌で作品を連載していたが、2003年5月に『スーパーメイドちるみさん』第1巻が著者の初めての単行本として発売されて以降、他の連載作品も続々と単行本化されている。また、単行本1冊分のページ数に達していない作品以外はすべて単行本化されている。

2003年3月に『まんがタイムセレクション 師走冬子』が、芳文社より『まんがタイムスペシャル』の増刊号扱いで発売された[1]

2007年7月に『まんがタイム師走冬子コレクション』が芳文社より発売された。

人物[編集]

おーはしるい小笠原朋子海藍弓長九天須藤ゆみこ(荒巻ユミ)、倉田ジュリらと親交があり、とりわけ10年来の友人で師走に最初作品投稿を勧めたおーはし、一緒に旅行することも多い小笠原とは仲が良い[要出典]

しばしば道に迷ったり、怪我をしたり、想像もつかないハプニングを起こしたりと、漫画顔負けのトラブル体質の持ち主[要出典]。自画像には「師走=December」の頭文字を取り[2]、額に「D」の文字が入った女性のイラストを使っているが、この体質のせいで、「danger Danger」や Destruction」の頭文字だろうとファンからしばしば勘違いされるという[要出典]

ペンネームである「師走冬子」の由来は『さらばシベリア鉄道』の歌詞(松本隆作詞)から[要出典]

作品[編集]

連載中の作品[編集]

連載開始号の古い順に掲げる。

  • 奥さまはアイドル♥(2004年-、まんがライフMOMO→まんがライフ→まんがライフMOMO→まんがくらぶ(共に竹書房)、既刊11巻)
    • 本作は2004年7月に「まんがライフMOMO」、同年10月に「まんがライフ」でのゲスト連載後、同年11月に「まんがライフMOMO」で連載開始となった。
  • 桃川桜は変わりたい(2018年-、主任がゆく!スペシャル(ぶんか社)、既刊1巻)

未完の作品[編集]

  • 秘密の天使ちゃん(2017年、mobaman-M 内 4コマCOMICはぐ!(小学館))
    • 2017年に1度だけ連載されたのを最後に連載は途絶えているが、「完結はしていない」と作者自身が明言しており[3]、現在は未完の状態となっている。

連載が終了した作品[編集]

連載開始号の古い順に掲げる。

  • 大高女クラ物語(1999年10月-11月、『Do! ぴーかん』(青磁ビブロス社))
    • 『女クラのおきて』の前身となる作品。 
  • 女クラのおきて(1999年-2006年、まんがタイムラブリー(芳文社))全4巻
    • 2005年4月に単行本第3巻発売を記念して、掲載誌『まんがタイムラブリー』と『女クラのおきて』第3巻の両方を購入した読者を対象に、師走冬子にまつわるグッズを詰めたとされる「師走福袋」を賞品とした懸賞が行われた。
  • スーパーメイドちるみさん(2000年-2013年、まんがタイムジャンボ(芳文社)、他)全12巻
    • 連載当初のタイトルは『超メイドちるみさん』だったが、2003年1月に『スーパーメイドちるみさん』へと改題された。
    • 2003年5月に単行本第1巻発売を記念して、原画展がまんがの森横浜西口店において行われた。
    • 2003年10月に単行本第2巻発売を記念して、初のサイン会が阪急ブックファースト渋谷店において行われた。
  • あおいちゃんとヤマトくん(2000年-2010年、まんがタイムスペシャル→まんがタイムジャンボ(共に芳文社))全6巻
    • 本作第2巻が10冊目の単行本発売となり、これを記念して、直筆のイラストとサインを描き下ろしたペーパーバッグを賞品とした懸賞が行われた。
    • 本作第1巻は、同掲載誌で連載されている『夫婦な生活』第6巻(作者:おーはしるい)・『さゆリン』第1巻(作者:弓長九天)との同時発売であり、「まんがタイムジャンボ コミックフェア」と称して、3名の合同作画による特製クリアファイルなどを賞品とした懸賞が行われた。
  • いつも心に太陽新聞!!(2001年-2006年、まんがタイムナチュラル→まんがタイムジャンボ→まんがタイムスペシャル(共に芳文社))全1巻
  • はっぴいガーデン(2001年、まんがタイムスペシャル(芳文社))ゲスト連載のみ
  • 花やか梅ちゃん(2003年-2008年、まんがタウンオリジナル→まんがタウン(共に双葉社))全3巻
    • 作者による双葉社の雑誌での連載は、本作が初めてとなる。
  • あいたま(2004年-2020年、COMIC HIGH→コミックハイ!→まんがタウン(共に双葉社))全13巻
    • 2007年11月に単行本第2巻発売を記念して、記念のサイン会がマグマニ川崎にて開催。
  • うさぎのーと(2006年-2012年、まんがタイムラブリー→まんがホーム(共に芳文社))全4巻
  • うち楽。〜天野さんちの4姉妹〜(2011、まんがタイムジャンボ(芳文社))ゲスト連載のみ
  • 墨たんですよ!(2012年-2018年、主任がゆく!スペシャル(ぶんか社))全2巻、未収録あり
    • 『師走さんちの墨たんは猫である。』は本作の実質的な第2巻に相当する。
    • 本作は2012年10月に「主任がゆく!スペシャル」でのゲスト連載後、2013年3月に同雑誌で連載開始となった。
  • ようこそ!オーロラ百貨店(2012年-2017年、まんがホーム(芳文社))全3巻
    • 本作は2012年11月に「まんがホーム」でのゲスト連載後、2013年4月に同雑誌で連載開始となった。
  • 月夜にカカオシガレット(2015年-2018年、まんがタイムファミリー(芳文社))全2巻
    • 本作は2015年3月に「まんがホーム」でのゲスト連載後、同年6月に同雑誌で連載開始となった。

脚注[編集]

  1. ^ この号の表紙は、背景が全体的にピンク色で、『スーパーメイドちるみさん』の主人公である香田ちるみが、メイド服姿で大きく描かれていた(当時の4コマ誌としては、メイド服などの特殊な服装の登場人物が表紙を飾ること自体が異例であった。
  2. ^ 『墨たんですよ!』1巻カバー折返しより。
  3. ^ 師走冬子 Twitter 2020年10月18日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]