師岡重経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

師岡 重経(もろおか しげつね、生没年未詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活動した武将。重保(しげやす)とも。武蔵国師岡保(現在の横浜市神奈川区)を本拠地とする鎌倉幕府御家人葛貫能隆の三男で、河越重頼の弟。桓武平氏の流れを汲む秩父氏の一族。

保元元年(1156年)7月、兄・重頼と共に保元の乱源義朝の陣に従う。

治承4年(1180年)義朝の遺児・源頼朝が挙兵したのち傘下に入り、頼朝の嫡男・源頼家が誕生した際に鳴弦役を務めている。

寿永3年(1184年)8月6日、一ノ谷の戦い後に頼朝の弟、源義経が鎌倉の許可無く朝廷から検非違使任官を受け、頼朝の怒りを買う。この時、重経も共に兵衛尉に任官しており、後白河法皇の元に任官の挨拶に行った義経に「御共衛府」(おとものえふ)として随行している(大夫尉義経畏申記)。のちに頼朝から重経の任官について「勘当を許して本領を返してやろうとしたものを、今となっては本領を返す事は出来ない」と罵られている。(「勘当」は頼朝の挙兵当初に秩父一族が敵対した事を指すと思われる)

この直後に姪である重頼の娘(郷御前)が義経に嫁ぐ。一年後に頼朝と義経が対立すると、重頼は嫡男・重房と共に頼朝によって誅殺されたが、重経はその後も御家人として幕府に仕え、義経が自害した後の文治5年(1189年)7月19日の奥州合戦に従軍している。