帝王の娘 スベクヒャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
帝王の娘 スベクヒャン
ジャンル テレビドラマ
時代劇
脚本 ファン・ジニョン
演出 イ・サンヨプ
チェ・ジュンベ
出演者 ソ・ヒョンジン
ソウ
チョ・ヒョンジェ
チョン・テス
国・地域 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
時代設定 三国時代百済
話数 108[1]
各話の長さ 約35分[2]
放送
放送局MBC
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
中華人民共和国の旗 中国
日本の旗 日本
放送期間2013年9月30日 - 2014年3月14日
放送時間毎週月曜 - 金曜 20:55 - 21:30
放送枠MBC特別企画ドラマ(毎日時代劇)
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
帝王の娘 スベクヒャン
各種表記
ハングル 제왕의 딸 수백향
漢字 帝王의 딸 手白香
発音 チェワンエタルスベッキャン
日本語読み: ていおうのむすめすべくひゃん
ローマ字 Je-wang-ui ttal, Soo Baek-hyang
題: The King's Daughter, Soo Baek-hyang
テンプレートを表示

帝王の娘 スベクヒャン』(ていおうのむすめ すべくひゃん、ハングル:제왕의 딸 수백향)は、2013年9月30日から2014年3月14日までMBCで放送された韓国テレビドラマ。全108話。

概要[編集]

6世紀百済を舞台に、百済第25代王・武寧王の娘であるスベクヒャンの数奇な運命を描いた物語[3]

守百香』(スベクヒャン、ハングル:수백향)は百年に一度咲き、百済を守るという伝説の花[4]

登場人物[編集]

ムリョン王とチェファの娘。ソルヒの異父姉。モデルは手白香皇女[要出典]
自身がムリョン王の娘であることを知らない。行方不明のソルヒを探すため、百済の諜報団の一員になる。ミョンノンと惹かれ合う。
  • ソルヒ(雪熙)ソウ
クチョンとチェファの娘。ソルランの異父妹。
落ちぶれた伽耶の地を抜け出したいと思っていた時、ソルランがムリョン王の娘だと知り、彼女になりすますことを画策する。チンムに想いを寄せている。
太子(テジャ。王位継承者)
トンソン王の息子だが、幼い頃にチンムと入れ替えられ、ムリョン王の息子として大切に育てられる。いかなる身分の者とも分け隔てなく接することができるなどの聖君の素質を持っている。
ムリョン王の息子だが、トンソン王の「息子を守ってほしい」という遺言を守るため、ミョンノンと入れ替えられ、トンソン王の息子として孤独に育つ。その境遇から、虎狼の心の持ち主だったが、ソルヒの献身的な愛により、次第に人の心を取り戻すようになる。
百済第25代王。はじめ兵官佐平。東城王の今際に王位を譲られる。
百済の中興時代を開いた覇王。佐平として戦に明け暮れていた頃に密かに情を通じていたチェファが、自分の子どもを身ごもっている事実を知らずにいる。トンソン王の亡き後、ムリョン王として即位する。
ソルランとソルヒの母。ペク・カの娘。
恋人だったムリョン王によって父が殺されてしまう。ムリョン王を愛し続けることも、忘れることもできず、クチョンと共に百済を離れ、伽耶に身を隠す。クチョンと夫婦になり、ムリョン王の娘であるソルランを育てるが、ムリョン王の命を狙っていたチンムの企みにより両目を失い、命の危険にさらされる。
チェファの夫。ソルヒの父。ペク・カの家来。
怪力の持ち主。言葉が話せないために身分は低く、戦場では矢の運び人。謀反の罪によりペク・カが処刑され、自害しようとしていたチェファと共に伽耶へと逃げる。
百済第24代王。
高句麗や北朝の北魏と対峙する百済王。戦勝を祝う狩りで危篤になり、プヨ・ユン佐平に譲位を告げて絶命する。
百済第21代王。武寧王の父。囲碁が得意で、若き日の尼僧トリムを重用した。
プヨ・ユン佐平(のち武寧王)の側近。新王即位後に佐平となる。
ペク・カに東城王殺しをそそのかす。
チェファの父。兵官達卒。地方の城主ばかり任命され不満を持つ。
へ・ネスクに誘導されて東城王を暗殺する。
武寧王の継正妃。へ・ネスクの三女。ミョンノン太子の年下の義母。
能天気な性格で、女官たちから小言をよく言われている。ソルヒと同い年朝鮮双六やあやとりをソルランから教わる。
ウネ王妃の母でへ・ネスクの妻。王都に来たソルヒを泊めてあげる。
  • ホン内官:チョン・ソギョン
武寧王付きの内官。
  • コンオク:ファン・ヨンヒ
ウネ王后付きの女官。
  • ナウン:カ・ドゥッキ
王女となったソルヒの侍女。正体は物語途中で明かされる。
盗賊団の頭目。
加林(カリム)城から逃げ出したチェファが、一時的に頼った。
チンム公の側近。ペク・カ亡き後の兵官達卒。
  • ヨング:イ・ドンユン
ソルランとソルヒの幼馴染。伽耶の寒村に住む。
  • コマク:チェ・ジュニョク
同じく幼馴染で伽耶の村民。
  • ヨオク:パク・ヒジン
コマクの母。がらっぱちだが人情に篤い。
  • チョンシム:パク・ヒジン(兼役)
コマクの母が山賊に殺された後、容貌がそっくりな料理屋の女将として登場。ミョンノン太子から朝廷の料理人にスカウトされる。
元山賊。ソルランとピムン(百済諜報団)に入る。石頭。
  • マング:キム・ミンギョ
同じくピムンに入る。トルデの弟分。どんぐりまなこで似顔絵を描くのが上手い。
  • テウン:ソン・ジル
ピムンの訓練教官。ソルランたちをしごく。
  • トリム:チャ・ファヨン
ピムンの女教官。女人としてのソルランの師。元・尼僧で高句麗の密偵だった。
  • サド:チャン・テフン
ピムンの一員。ソルヒ付きの武官となる。
高句麗第22代王。太子時代にこっそり百済に二年も潜伏していた。酒好き。
  • ウルミル: チョン・ウィガプ
高句麗の将軍。百済王暗殺の刺客を放つ。
  • スニムン:キム・ヨンジェ
伽耶のうち金官国の王。伽耶に来た武寧王と会談する。
勢力が伽耶全域には及んでいないため、山賊を充分取り締まれていない。

スタッフ[編集]

  • 演出:イ・サンヨプ、チェ・ジュンベ
  • 脚本:ファン・ジニョン

日本での放送[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「帝王の娘」14日に放送終了…ソチ五輪中継により12話減らす”. Kstyle (2014年3月7日). 2022年10月7日閲覧。
  2. ^ 帝王の娘 スベクヒャン”. 2022年10月7日閲覧。
  3. ^ 番組概要”. BS朝日 韓流モーニング『帝王の娘 スベクヒャン』. 2020年5月6日閲覧。
  4. ^ 『帝王の娘 スベクヒャン'』第10話
  5. ^ キャスト”. BS朝日 韓流モーニング『帝王の娘 スベクヒャン』. 2020年5月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

BSテレ東 韓ドラ☆10:55~12:00 枠
前番組 番組名 次番組
馬医
(2018.11.12 - 2019.1.24)
帝王の娘 スベクヒャン
(2019.1.25 - 2019.7.21)
馬医
(2019.7.22 - 2019.9.27)
BSテレ東 韓ドラ☆10:55~12:00 枠
帝王の娘 スベクヒャン
(2020.2.20 - 2020.5.29)
師任堂、色の日記
(2020.6.1 - 2020.7.24)
テレビ東京 韓流プレミア 月曜 - 金曜 8:15 - 9:11
哲仁王后 俺がクイーン!?
<全30回>
(2022.9.9 - 10.21 )
 帝王の娘 スベクヒャン
<全72回>
(2022.10.24 - )
未定