帝京大学陸上競技部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

帝京大学陸上競技部(ていきょうだいがくりくじょうきょうぎぶ)は、帝京大学陸上競技チームである。関東学生陸上競技連盟に所属する。

チーム概要[編集]

1979年昭和54年)に帝京大学八王子キャンパスの有志により陸上競技部が創部され、箱根駅伝を目指す選手のほか長距離選手(一般入学)、短距離選手らが所属している。

1994年(平成6年)に箱根駅伝出場を目指し長距離部門を強化、同年喜多秀喜(元神戸製鋼所陸上競技部監督、現流通経済大学監督 )を帝京大学陸上競技部監督として迎えた。1997年(平成9年)の箱根駅伝予選会で4位に入賞し本選出場を獲得するも最下位(15位)、翌年も同順位に沈んだが、1999年(平成11年)に陸上競技部から分離し箱根駅伝出場を目標とした駅伝競走部を創部すると2000年(平成12年)に総合4位(往路3位、復路7位)で初のシード権を獲得した。その後2002年(平成14年)までシード権を維持するが、以後はシード権落ち(10位以下)が続いた。

2005年(平成17年)に喜多が成績不振を理由に監督を辞任し中野孝行が監督に就任、中野監督の派手さはないが日々の地道な指導により2008年(平成20年)には総合8位(往路12位、復路5位)に入賞し再びシード権を獲得した。

学内的には(一部対外的にも)箱根駅伝を目指す強化選手らによる駅伝競走部と、その他一般入学の学生らによる陸上競技部に学友会への登録を分けている。大会や記録会によっては帝京大学駅伝競走部と帝京大学陸上競技部と別に所属が表記される場合があるが、学連への登録上は帝京大学陸上競技部で統一されている。

箱根駅伝[編集]

箱根駅伝には第91回大会(2015年)現在、16回出場しており最高順位は第76回大会(2000年)および第89回(2013年)の総合4位である。しばらくのあいだ予選会敗退が続く低迷期もあったが、第84回大会(2008年)で3年ぶりに登場しシード権を獲得した。過去にはボルダー (コロラド州)昆明中華人民共和国)などでの高地トレーニングを行ったこともある。ユニフォームの色はテレビインターネットなど各メディアファイアーレッドと呼ばれる。

主な関係者[編集]

  • 部長 - 左近允輝一
  • 監督 - 中野孝行
  • コーチ - 長谷孝治、村上泰弘
  • トレーナー - 高岡尚司(エフエイト Bodywork Lab)
  • メディカルスタッフ - 中島幸則

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

公式サイト[編集]