希望の大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
希望の大地
Good Soil
監督 クレッグ・シマバラ
脚本 クレッグ・シマバラ
製作 ケン・ナカムラ
製作総指揮 小山田真
クレッグ・シマバラ
出演者 小山田真
撮影 コリー・シオザキ
編集 ケイタ・イデノ
配給 エンドランス・プロダクションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年11月3日
上映時間 25分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

希望の大地』 (Good Soil) は、2007年アメリカ映画2007年11月3日にアメリカで劇場公開。小山田真は主演のほか、制作にも参加している。

ストーリー[編集]

鉄砲伝来から七年目の1549年、ポルトガル船がまた種子島にやって来た。フランシスコ・ザビエルを中心とするローマン・カトリック宣教師達である。彼らは世界布教の一環として日本にイエズス会の教えを広めに来たのだが、次々と神の教えに心を寄せ、洗礼を受けていく民衆の中に武士達の姿もあった。その事に危惧を抱いた大名達は、『異教徒に魂を売る者達』と決めつけ、弾圧に乗り出す。しかし、その厳しい弾圧の中で、新しい信仰心を支えとして真っ向から立ち向かった一人の男がいた。それこそが、後の天草四郎の父甚平だった。

キャスト[編集]

  • 甚平:小山田真
  • ミチジロウ:安藤義紀
  • イワナガ:アツシ・ヒラタ
  • ツノヤス:ユタカ・タケウチ
  • 神父:クレッグ・レイド
  • オツ:カズミ・ザトキン
  • 四郎:マック・バンチ
  • キヌ:クリスティン・シマハラ
  • 大名:テック・ナカムラ
  • アテンダント:ユージ・トネ

スタッフ[編集]

  • 監督:クレッグ・シマバラ
  • 製作総指揮:小山田真、クレッグ・シマバラ
  • プロデューサー:ケン・ナカタ
  • 協力プロヂューサー:ロビン・ヨシナガ
  • ラインプロヂューサー:ユミコ・フクモト、クニオ・ノザワ
  • 脚本:クレッグ・シマハラ
  • アクション監督:クレッグ・リード
  • 制作:シンカ・ピクチャーズ、エンドランス・プロダクションズ

外部リンク[編集]