希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
希代のヒットメーカー
作曲家 筒美京平
ジャンル 音楽番組
ドキュメンタリー番組
演出 親泊祐子
出演者 筒美京平
製作
プロデューサー 藤原典男
制作 NHK
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年5月29日(日曜日)
放送時間 19:30 - 21:00
放送分 90分
再放送
放送期間 2012年1月3日(火曜日)
放送時間 17:30 - 19:00(90分)
再放送2
放送期間 2012年11月14日(水曜日)
放送時間 17:00 - 18:30(90分)

特記事項:
ナレーション:高島雅羅

希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』(きだいのヒットメーカー さっきょくか つつみきょうへい)は、2011年5月29日NHK BSプレミアムで放送された音楽ドキュメンタリー番組である。

概要[編集]

歌謡曲J-POPのヒットメーカー、筒美京平が今回一度限りという許諾のもと、NHK BSプレミアムの番組に出演し自らを語った特別番組

1960年代から40年以上にわたりヒット曲を生産し、歌謡界を牽引してきた作曲家・筒美京平。総売上枚数は作曲家歴代1位、ヒットチャート登場曲500曲以上、1位獲得数39曲という圧倒的なヒット作の数々が示すように、作曲家としてデビュー以来、音楽ファンを魅了するサウンドを提供し続けてきた。しかし、表に立つことを嫌いプロの職人として裏方に徹する美学を貫き通してきたため、これまでマスコミに登場することはほとんど無かった。

番組では、筒美のヒット作品やサウンドを紹介しながら、個人として、また音楽家としての貴重なインタビューを紹介。テレビ初となる松本隆との対談や、吉田拓郎の寄稿[1]メリー喜多川が筒美に宛てた直筆の手紙なども紹介された。また大学時代のジャズ仲間と一緒にピアノ演奏も披露。番組ラストでは、自作曲である太田裕美の『雨だれ』を演奏した。

内容[編集]

  • 新しい歌謡曲の確立
  • 音楽の神様に愛された少年
  • 独自のサウンドの追求
  • ヒットメーカーの着眼点
  • 歌謡曲とニューミュージックの融合
筒美京平×松本隆 対談
  • 更なるサウンドへのこだわり
  • デジタル時代の筒美サウンド
  • 作曲家生活を振り返って…

出演者[編集]

  • 筒美京平
ゲスト
ゲスト歌手

放送曲[編集]

紹介順、( )内は使用映像。

使用楽曲[編集]

筒美京平作曲作品
その他

演奏楽曲[編集]

筒美がピアノで演奏した曲。

スタッフ[編集]

  • 撮影:中山剛裕
  • 音声:三上雅梓
  • 照明:山口宰
  • 編集:沖田恵
  • 音響効果:細見浩三
  • 取材:川原伸司
  • 演出:親泊祐子
  • プロデューサー:藤原典男
  • 制作統括:小林誠治、横大路順一
  • 制作協力:アズ クリエーション
  • 制作:NHKエンタープライズ
  • 制作・著作:NHK

脚注[編集]

  1. ^ 「HITSTORY 筒美京平 ULTIMATE COLLECTION 1967 - 97」のブックレットより。

関連項目[編集]