帆寄村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
帆寄村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 敷香支庁
元泊郡
総人口 1,787
1941年12月1日
隣接自治体 元泊郡元泊村
恵須取郡珍内町
泊居郡久春内村
豊栄郡白縫村
帆寄村役場
所在地 樺太庁元泊郡帆寄村馬群潭
座標 北緯48度12分11秒 東経142度32分40秒 / 北緯48.2031度 東経142.5445度 / 48.2031; 142.5445座標: 北緯48度12分11秒 東経142度32分40秒 / 北緯48.2031度 東経142.5445度 / 48.2031; 142.5445
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

帆寄村(ほよりむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。現在はロシア連邦サハリン州プガーチョヴォとして実効支配している。

概要[編集]

多来加湾オホーツク海)に面していた。村内には樺太の秀峰の突岨(とっそ)山、馬群潭(まぐんたん)桜山や泥火山など自然に恵まれていた。

歴史[編集]

村内の地名[編集]

  • 近幌(ちかほろ)
  • 蛯毛内(えびけない)
  • 白石沢(しろいしざわ)
  • 北登帆(きたのぼりっぽ)
  • 南登帆(みなみのぼりっぽ)
  • 辺計(べんけい)
  • 曽院(そういん)
  • 近幌沢(ちかほろざわ)
  • 馬群譚浜(まぐんたんはま)
  • 中馬群譚(なかまぐんたん)
  • 上馬群譚(かみまぐんたん)
  • 馬群譚沢(まぐんたんざわ)
  • 槻水沢(つきみずさわ)
  • 樺沢(かばさわ)
  • 熊出沢(くまでざわ)
  • ニオイドマリ
  • モエレトマリ

[1]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

  • 樺太公立馬群潭国民学校
  • 樺太公立浜馬群国民学校
  • 樺太公立登帆国民学校
  • 樺太公立近幌国民学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1692

関連項目[編集]