市野上浅右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市野上浅右エ門(いちのじょう[要出典]あさえもん、本名:斎藤浅右衛門、明和4年(1767年) - 享和2年8月13日1802年9月9日))は、江戸時代大相撲力士四股名は他に温海嶽(あつみだけ)、鶴ヶ嶽(つるがたけ)、常山(つねやま)、花頂山(かちょうざん)。幕内では花頂山が一番長く、錦絵や史跡でもその名で呼ばれることが多い。最高位は大関だが、病のため実際に土俵をつとめたのは関脇まで。身長176cmと伝わる。雷電爲右エ門に2度勝った唯一の力士として知られる。

人物・来歴[編集]

山形県温海(現・鶴岡市)の温泉宿「あらたまや」(新玉屋)の三代斎藤五左衛門の長男として生まれ、幼名を五郎吉といった。天明8年(1788年)初代出羽ノ海出羽海運右エ門)に見出されて入門。寛政2年(1790年)11月三段目付け出しで初土俵、同6年(1794年)3月新入幕、12年(1798年)4月関脇まで進む。

この間、5年(1793年)3月(当時幕下筆頭、今なら十両)と、9年(1797年)3月に、雷電爲右エ門を倒し、雷電に二度勝った唯一の力士となる。この間雷電は43連勝を記録する。優勝相当成績2回(1796年3月,1800年4月)。

享和2年には久留米藩に抱えがかわり、市野上の四股名を下賜される。同年2月の番付では大関にあがるが病欠、同場所後京都巡業中に34歳で没する(現役没)。市野上としても大関としても本場所をつとめることはなかった。

昭和34年(1959年10月18日、山形県、温海温泉に花頂山記念碑の除幕式が行われた。

関連項目[編集]