市町村サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市町村サミット(しちょうそんサミット)とは、1980年代頃から全国の市町村により構成された全国連絡会議のこと。

概要[編集]

1980年代半ばより、地名・観光・特産品・歴史上の人物などさまざまな共通点をもつ市町村同士の連携を目的として、「○○サミット」と称する会議やイベントがつぎつぎと組織された。

いわゆる村おこしなどが主な目的で最盛期には全国に約70近くあった。[要出典]

自治体首長の会合に加え、講演や公演等を伴い地元観光イベントと連動した話題づくりを行うものもある(織田信長サミットなど)。一方で、観光イベント性の薄い首長の懇談会がこのように称されることもある(榊原サミットなど)など、様態は多様である。

2003年から2005年にかけてピークを迎えた平成の大合併により、多くの自治体が統廃合され、連携の機縁となった市町村名が変更されるなどしたため、多くのサミットが消滅・解散した。

主要な市町村サミット[編集]

遠隔市町村の交流を目指して継続的に行われたものを挙げ、以下のものは除いている。

歴史上の人物のゆかりによる[編集]

織田信長サミット
織田信長ゆかりの市町村により組織される会議・イベント。 1984年、滋賀県安土町の呼びかけにより発足。同年、安土町で第1回サミットを開催。平成の大合併で一時休止し、2007年の第22回サミット以後は隔年開催。2015年の第26回サミットには10市町が参加した。
榊原サミット(榊原康政公ゆかり四市市長懇談会)
榊原康政榊原氏にゆかりのある4都市の市長懇談会[2][3]。構成自治体は館林市豊田市姫路市上越市で、1985年の発足以来枠組みは変わらない[2][3]。榊原康政の治水や新田開発・街道整備といった内政手腕に関心が寄せられたことを背景に[2]、豊田市長の発案により「榊原康政公に都市づくりを学ぼう」と「サミット」を初開催、以後4都市の持ち回りで開かれる[2][3]1996年5月29日に、4都市は災害時相互応援協定(「榊原公ゆかり都市災害時相互応援に関する協定」)を結んでいる[4]。2015年には上越市で懇談会が開催された[3]
芭蕉サミット
松尾芭蕉ゆかりの自治体で開催されるイベント。「奥の細道 芭蕉サミット」「奥の細道サミット」の名義でも行われる。2015年には「第28回奥の細道サミット in 鹿沼」が栃木県鹿沼市で開催された[5]
雪舟サミット
1990年雪舟ゆかりの自治体が集まり発足[6]。第1回サミットは岡山県総社市で開催された[7]。第14回(2013年)以降は6市(総社市井原市益田市三原市山口市防府市)で構成されている(2016年現在)[8]
  • 公式ウェブサイト:[9]
一豊公&千代様サミット
山内一豊千代(見性院)との関係が深い市町および関係を大切にしている市町の集まり。1994年から2007年まで毎年開催されていたが、2006年に大河ドラマ「功名が辻」が放映され、一定の成果を収めたことから、翌2007年より民間主導に切り替えられた。

地名の共通性による[編集]

全国池田サミット(全国池田町サミット)
1985年、「池田町」の名を持つ6町により「全国池田町サミット」として結成。第1回サミットは香川県池田町で開催[10]。1988年8月には池田市(大阪府)を加え「全国池田サミット」となった。自治体統合による改称などから2005年に解散[10][11]
大東サミット(全国「大東」同名市・町会)
自治体名に「大東」の字の入る市町村により構成。「大東サミット」は通称で、正式名称は「全国「大東」同名市・町会」[12][13]。参加自治体は大阪府大東市岩手県大東町静岡県大東町島根県大東町の4市町。1986年、第一回サミットを島根県大東町で開催[14]。市町村合併により[13]、大東市以外の自治体が消滅したことから、2004年に解散式を行い解散[14]
ドラゴンサミット
1988年に全国の「竜」「龍」のつく15の市町村により結成[15]。2000年時点で15自治体が参加していた[15]。公式サイトに記載されたサミット開催は、2004年に茨城県龍ケ崎市で第16回サミットが最後であり、「市町村合併よる構成市町村の減少のため、サミットの存続等を現在検討中」[15]とのメッセージを載せて休止状態になっている。
  • 公式ウェブサイト:[15]
まほろばサミット
自治体名に「大和」の字の入る市町村により構成。1988年に連絡協議会が発足、1989年に「第1回まほろばサミット」が開催され「まほろば連邦」の「建国」が宣言された。平成の大合併に伴い、2004年、第16回まほろばサミットで解散した。
ホークスサミット
自治体名に「鷹」の字の入る市町村により構成。東京都三鷹市などにより1989年、第一回サミットを開催[16]。2007年に解散[16]
全国ひらがな・カタカナ市町村サミット(ひらがなサミット)
自治体名がひらがな・カタカナで表記される市町村の集まる「全国ひらがなカタカナ市町村連絡協議会」主催[17]。1990年発足[17]。2004年第に15回サミット(福島県いわき市)で解散[17]。2004年時点では9自治体がメンバーであった[17]。平成の大合併に伴い、加盟9自治体のうち3自治体の名称が変更され離脱が余儀なくされたこと、一方で新規加入自治体がないことが解散の主要因[17]
白浜サミット
「白浜」という地名のある自治体・観光協会関係者らが集まる催し。1993年、伊豆白浜を有する静岡県下田市の市長が呼びかけ5市町が参加して発足[18]。参加自治体は和歌山県白浜町[18]など。「一定の成果を見た」として2000年に解散[18]
全国かしまサミット
「かしま」とよむ自治体名を持つ市町村の集まり。1994年発足、福島県鹿島町で第1回サミットを開催。1997年5月2日には「災害時における全国かしま連絡協議会相互応援協定」を締結[19]
八の字サミット
自治体名に「八」の字の入る市町村により構成。1996年(平成8年)、埼玉県八潮市が市制施行25周年事業として「八の字サミット」を開催(開催日は平成8年8月8日)[20]福岡県八女市愛媛県八幡浜市など、八潮市含め16市町村が参加した。サミットはその後持ち回りで毎年開催された。2003年時点では36都市が参加[21]
全国難読町村サミット
自治体名が難読である町村の集まり。1998年、島根県温泉津町で第1回サミットを開催[22]北海道弟子屈町鹿児島県頴娃町など、全国40あまりの市町村が参加していた[23]。第2回(1999年)は奈良県榛原町で、第3回は山口県由宇町久賀町阿知須町の3町共催で、第4回は長崎県東彼杵町で、第5回(2003年)が新潟県聖籠町[24]、第6回(2004年)が奈良県斑鳩町で開催された。平成の大合併により自然消滅した[23]
愛のまちサミット(「愛のまち」交流)
昭和63年(1988年)、当時の滋賀県愛東町女性C・Iチームから送られてきた一粒のバレンタインチョコレートがきっかけとなり、全国の「愛」のつく町である神奈川県愛川町滋賀県愛東町長崎県愛野町と交流が始まった。4町では、これまで約四半世紀にわたって役場はもとより、青少年や婦人会など官民あげた交流が続いてきた。平成6年(1994年)には愛別町において4町の町長が一堂に会し、「愛のまちサミット」が開催された。
その後、平成の大合併に伴い、愛東町東近江市へ、愛野町雲仙市へそれぞれ編入されたが、交流は今も続いている。また同時に、合併に伴い新たに、滋賀県愛荘町愛知県愛西市愛媛県愛南町が誕生しており、平成26年(2014年)には、愛別町の職員有志が、それぞれの町にバレンタインチョコレートを送って新たな交流を呼びかけた。

歴史・地理の共通性による[編集]

日本秘境サミット
1986年11月、宮崎県椎葉村で第1回が開催[25]、「秘境」の18か村が参加[25]。その後、神戸で開かれた第8回サミットでは69市町村が参加している[25]
松原サミット(松原友好市町交流会議)
白砂青松を誇る松原を持つ自治体により構成[26]。1987年、兵庫県西淡町において第1回サミットを開催し発足[26]。参加自治体は西淡町(慶野松原)のほか福井県敦賀市気比松原)、静岡県清水市三保の松原)、香川県津田町津田の松原)、高知県大方町入野松原)の5市町であった[26]
ないないサミット
正式名は「鉄道も国道もない市町村全国連絡会議」。1988年に、弥栄町(京都府)の呼びかけにより全国117自治体が参加し発足したが、平成の大合併の余波を受け、2003年に53町村となった時点で継続困難となり解散した。
全国岬サミット
「岬をもつ市町村全国連絡協議会」が主催する会議の名称[27]。1989年、室戸市で第1回サミットが開催。
ほたるサミット[1]
1989年(平成元年)に、環境庁(現環境省)により「ふるさといきものの里」が全国で119カ所選定され、その中でホタルの里として選定を受けた市町村から日本一のほたるの里を目指す自治体の代表が集まり、毎年持ち回り開催。参加自治体は現在、以下の7市町。愛知県阿久比町滋賀県米原市和歌山県紀の川市岡山県真庭市山口県下関市福岡県北九州市、〈長野県辰野町…休会中〉。
東大寺サミット
東大寺の建立や再建、運営で縁の深い全国の市町村により構成[28][29]。1991年発足[30]。2014年現在14市町[28][29]
全国義民サミット
江戸時代から明治時代にかけての義民農民一揆を顕彰する土地で開催されたイベント[31]。第1回が長野県青木村(上田藩宝暦騒動)で、第2回が愛媛県日吉村武左衛門一揆)で、第3回が岡山県湯原町(山中一揆)で、第4回が群馬県月夜野町杉木茂左衛門)で、第5回が千葉県成田市佐倉宗吾)で、第6回が長野県三郷村貞享騒動)で、第7回が岩手県田野畑村三閉伊一揆)で、第8回が2004年に茨城県阿見町(牛久助郷一揆)で、第9回が2005年に滋賀県野洲市近江天保一揆)で、第10回が長野県青木村で開催された。その後は全国義民顕彰連絡協議会が中心となり「全国義民顕彰集会」(回次は全国義民サミットから継承)と変更された。
全国門前町サミット
1998年、成田市の提唱により発足。全国の神社仏閣を中心に発展してきた門前町を有する自治体・観光協会・商業関係者などが集まり地域活性、街作り推進のため開催する会議。第12回が2014年に香川県琴平町で[32]、第13回が2015年に大分県宇佐市で開催された。
全国鳴砂サミット
財団法人日本ナショナルトラストが、鳴き砂の砂浜のある自治体や保全団体に呼び掛け「全国鳴砂ネットワーク」を組織、毎年「サミット」を開催。
国府サミット
古代の国府の所在地である自治体の交流イベント。2009年に東京都府中市で開催された「こくふロマン交流祭2009in府中」を第一回とし、各地持ち回りで開催(国府#国府サミットを参照)。

文化・産業の共通性による[編集]

子守唄サミット
子守唄の伝承地として全国子守唄協議会に加盟する市町村により、1987年第一回サミットが開催[33]。2015年の第27回サミット(沼津市)参加自治体は、熊本県天草市岡山県井原市熊本県五木村長崎県島原市和歌山県岩出市大分県佐伯市静岡県沼津市[33]
ジャパン<漆>サミット
1988年より毎年持ち回りで開催されている、全国の漆器産地の首長および生産者代表の協議会[34]。構成自治体は24自治体(経済産業大臣から「伝統的工芸品」としての指定を受けた23自治体と、オブザーバー参加の1自治体)[35]。サミットは自治体首長のほか、28の漆器産地組合代表によって漆器産業の振興支援策を協議するもので[36]経済産業省の該当経済産業局、都府県、伝統的工芸品産業振興協会日本漆器協同組合連合会が後援する[36]。また、ジャパン<漆>サミット参加自治体の内19自治体で「うるし産業文化創造都市連合」を結成している[34]
  • 公式ウェブサイト:[34]
全国茶サミット[1]
全国の茶産地と茶業関係者が連携し開催。1996年、第1回サミットが埼玉県入間市で開催[37]。2009年、静岡県牧之原市での開催では43市町村が参加[38]。2014年、静岡県藤枝市での開催(第19回)では「おおむね100ha以上の茶園を有する」81自治体に参加が呼びかけられた[39]
全国刃物サミット
全国の刃物産地の連携・PRのために開催。2001年に第2回サミットが新潟県三条市で開催(参加自治体は三条市、福井県武生市岐阜県関市兵庫県三木市島根県安来市、新潟県与板町、新潟県月潟村[40]。2002年に第3回サミットが岐阜県関市で[41]、2003年の第4回が兵庫県三木市で、2004年の第5回サミットは福井県武生市、2005年の第6回サミットは島根県安来市で[42]開催された。

その他[編集]

TASKIプロジェクト(中部環境先進5市サミット)
Tajimi、Anjo、Shinshiro、Kakegawa、Iidaの5都市の頭文字から「TASKIプロジェクト」と呼ばれる。中部地方での先進的な環境対策を取り組んでいく。

岐阜県の旗多治見市岐阜県愛知県の旗安城市(愛知県)愛知県の旗新城市(愛知県)静岡県の旗掛川市静岡県長野県の旗飯田市長野県[43]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1992年福井県今立町で開催された「和紙の里サミット」[1]など。

出典[編集]

  1. ^ a b c 地域活性化システム論カリキュラム研究会報告書 (PDF)”. 内閣府経済社会総合研究所 地域活性化システム論カリキュラム研究会. p. 149 (2012年3月). 2017年2月17日閲覧。姉妹都市の「テーマ型連携」の事例として言及。
  2. ^ a b c d 都市間交流事業について”. 姫路市. 2016年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 榊原サミット 榊原家ゆかりの4市長が懇談会 上越 /新潟”. 毎日新聞 (2015年7月14日). 2016年5月17日閲覧。
  4. ^ 榊原公ゆかり都市災害時相互応援に関する協定 (PDF)”. 姫路市. 2016年5月17日閲覧。
  5. ^ 奥の細道サミット in 鹿沼”. 鹿沼市観光物産協会 (2015年4月11日). 2016年5月17日閲覧。
  6. ^ 雪舟サミット”. 雪舟サミット. 2016年5月17日閲覧。
  7. ^ 雪舟サミット”. 雪舟サミット. 2016年5月17日閲覧。
  8. ^ サミット構成市町村”. 2016年5月17日閲覧。
  9. ^ 雪舟サミット”. 雪舟サミット. 2016年5月17日閲覧。
  10. ^ a b 池田町50年のあゆみ”. 長野県池田町. 2016年5月17日閲覧。
  11. ^ 磯子区民が北海道・池田町を訪問、交流半世紀”. カナロコ. 神奈川新聞 (2013年7月25日). 2016年5月17日閲覧。
  12. ^ 大東市の支援状況”. 大東市. 2017年2月22日閲覧。
  13. ^ a b 東北関東大震災支援募金ありがとうございました。”. 大東市議会. 2017年2月22日閲覧。
  14. ^ a b 大東市のあゆみ”. 大東市. 2017年2月22日閲覧。
  15. ^ a b c d ドラゴンサミット”. ドラゴンサミット公式サイト. 2016年5月17日閲覧。。公式サイトは長野県天竜村サイト内に設けられている。
  16. ^ a b 三鷹市が交流している市町村”. 三鷹市. 2016年5月17日閲覧。
  17. ^ a b c d e らがなサミット解散/合併で自治体名が漢字に”. 四国新聞社 (2013年7月25日). 2004年7月2日閲覧。
  18. ^ a b c 全国23カ所の「白浜の砂」 玉田さんが標本製作”. 紀伊民報 (2014年7月26日). 2016年5月17日閲覧。
  19. ^ [1]
  20. ^ 市の歩み (PDF)”. やしお 5~7ページ. 八潮市. 2016年5月17日閲覧。
  21. ^ 協議第20号 附属資料 国際交流・姉妹都市関係 (PDF)”. 八幡浜市・保内町合併協議会第11回会議資料(p.35). 八潮市. 2016年5月17日閲覧。
  22. ^ 日本海を知る 北前船 其の弐拾弐 温泉津|publisher=日本海にぎわい・協力海道ネットワーク”. 2016年5月17日閲覧。
  23. ^ a b 宍粟市、匝瑳市の読み方は? そもそもどこ?? 難読地名を生かして奮闘する町”. マイナビニュース (2014年9月1日). 2016年5月17日閲覧。
  24. ^ 難読町村サミットだより①”. 広報せいろう 2003年7月号. 聖籠町 (2003年7月). 2016年5月17日閲覧。p.12
  25. ^ a b c 椎葉晃充(椎葉村企画開発課). “第八回秘境サミット”. 林政フラッシュ(巻号不明). 2016年5月17日閲覧。林業人材育成支援普及センターのウェブサイト内。
  26. ^ a b c Ⅱ アメニティからみた福井県の現況”. 福井県史. 2016年5月17日閲覧。
  27. ^ 岬の可能性を探る/恩納村で全国サミット” (2000年10月12日). 2016年5月17日閲覧。
  28. ^ a b 東大寺サミット”. 涌谷町 (2013年8月30日). 2016年5月17日閲覧。
  29. ^ a b 東大寺サミット2014 in みね”. 美祢市. 2016年5月17日閲覧。
  30. ^ 報道資料 東大寺サミットについて”. 奈良市経済部観光課 (2004年7月15日). 2016年5月17日閲覧。
  31. ^ 被災地にパワーを 青木村義民太鼓、岩手で演奏へ”. 47NEWS. 信濃毎日新聞 (2011年11月17日). 2016年5月17日閲覧。
  32. ^ 第12回全国門前町サミットinことひら”. 琴平町. 2016年5月17日閲覧。
  33. ^ a b 全国子守唄サミット&フェスタおよび 童謡フェスティバルの同時開催について (PDF)”. 沼津市定例記者会見. 沼津市 (2015年10月28日). 2016年5月17日閲覧。
  34. ^ a b c ジャパン<漆>サミット”. ジャパン<漆>サミット. 2016年5月17日閲覧。公式サイトは福井県鯖江市のサイト内に置かれている。
  35. ^ 構成自治体一覧”. ジャパン<漆>サミット. 2016年5月17日閲覧。
  36. ^ a b サミットの概要”. ジャパン<漆>サミット. 2016年5月17日閲覧。
  37. ^ 茶のあゆみ”. 全国茶生産団体連合会・全国茶主産府県農協連連絡協議会. 2017年2月17日閲覧。
  38. ^ 全国茶サミットが牧之原市で開催されます”. 牧之原市. 2017年2月17日閲覧。
  39. ^ 静岡茶秋のお茶イベント紹介「全国茶サミット静岡大会in藤枝」開く”. 日本食糧新聞. 2017年2月17日閲覧。
  40. ^ 三条で第2回全国刃物サミット始まる”. ケンオー・ドットコム. 2017年2月17日閲覧。
  41. ^ 関市の10大ニュース(平成14年)”. 関市. 2017年2月17日閲覧。
  42. ^ 安来市ふるさとメール 2005/4/29 号”. 山陰中央新報社. 2017年2月17日閲覧。
  43. ^ 中部環境先進5市(TASKI)タスキプロジェクト

関連項目[編集]