市民的及び政治的権利に関する国際規約の選択議定書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市民的及び政治的権利に関する国際規約の選択議定書
通称・略称 自由権規約選択議定書(第1選択議定書)
起草 1954年
署名 1966年12月16日、国際連合総会ニューヨーク国際連合本部)において採択。同月19日署名のため開放。
効力発生 1976年 3月23日
寄託者 国際連合事務総長
言語 中国語英語フランス語ロシア語スペイン語
主な内容 自由権規約の個人通報制度
条文リンク http://www2.ohchr.org/english/law/ccpr-one.htm
ウィキソース原文
テンプレートを表示

市民的及び政治的権利に関する国際規約の選択議定書(しみんてきおよびせいじてきけんりにかんするこくさいきやくのせんたくぎていしょ;〔Optional Protocol to the International Covenant on Civil and Political Rights)は、1966年12月16日、国際連合総会によって市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)とともに採択された多数国間条約であり、同規約の個人通報制度を定めるものである。同月19日ニューヨークで署名のため開放され、1976年3月23日効力を発生した。国際人権規約を構成する条約の一つである。

1989年12月15日に採択され、1991年7月11日に発効した自由権規約の第2選択議定書(死刑廃止議定書)と区別するため、第1選択議定書と呼ばれる。

沿革[編集]

社会権規約・自由権規約は、1948年の世界人権宣言採択後、1954年まで国連人権委員会において起草作業が進められ、同年の第10回会期において国連総会に規約案が提出された。1966年12月16日、両規約と本議定書が採択され、本議定書は賛成66、反対2、棄権38で可決された(決議2200A〔XXI〕)。本議定書の発効には、自由権規約の発効と、10か国の批准加入が必要とされていたが、その要件を満たし、自由権規約とともに1976年3月23日に発効した[1]

2011年3月現在、署名国は35か国、締約国は113か国である[2]

個人通報制度の内容[編集]

個人通報制度とは、人権条約に定める権利を侵害された個人が、実施機関に通報を行うことができる制度である。

自由権規約を採択する際、個人通報制度を設けるか否かについて議論があったが、自由権規約とは別個の選択議定書で個人通報制度を設けることとなった。選択議定書の締約国については、自国の管轄の下にある個人から規約人権委員会に対する通報が認められる。通報を行うためには、個人は国内における救済を尽くしていなければならない(本議定書2条)。規約人権委員会は、要件を満たす通報を受理したときは、関係締約国の注意を喚起し、当該締約国の説明その他の陳述を検討した後、意見を採択する[3]

締約国[編集]

本議定書の締約国となるためには、(1)署名の上、批准を行うか、(2)加入の手続をとる必要があり、本議定書は署名又は加入のために開放されている。批准・加入したときは、批准書・加入書を国連事務総長に寄託する(8条)。ただし、締約国は、いつでも廃棄通告をすることができる(12条)。

2011年3月現在、署名国は35か国である(次のジャマイカを含まない。)。現署名国35か国のうち、まだ批准していないのは、カンボジアギニアビサウリベリアナウルサントメ・プリンシペの5か国である。批准済みの署名国30か国と、その他の加入国を合わせると、現締約国は113か国である(次のガイアナを含み、ジャマイカ、トリニダード・トバゴを含まない。)[2]

  • ジャマイカは、1966年12月に署名し、1975年10月に批准していたが、1997年10月に廃棄通告した。
  • トリニダード・トバゴは、1980年11月14日に加入したが、1998年5月26日に廃棄通告し、その効力が生じた同年8月26日に留保を付して再び加入した。しかし1999年11月2日、再加入の際に付した留保について、同国で死刑判決を受けた人物からの個人通報に基づき審査を行った自由権規約委員会が「留保は無効」との判断を示したことがきっかけとなり(いわゆる「ロウル・ケネディ事件」)[4]、2000年3月27日に再び廃棄を通告、同年6月27日に効力を生じた。
  • ガイアナは、1993年5月10日に加入したが、1999年1月5日に廃棄通告し、その効力が生じた同年4月5日、留保を付して再加入した。

日本は、本議定書の締約国となっていない。日本共産党や人権団体の中からは、政府に批准を求める意見がある[5]

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎 (1988: 260)。
  2. ^ a b United Nations Treaty Collection: Optional Protocol to the International Covenant on Civil and Political Rights”. 2011年3月6日閲覧。
  3. ^ 中谷ほか (2006: 223)。
  4. ^ 松井ほか(2006: 406-408ページ)
  5. ^ 宮崎 (1988: 261)。

参考文献[編集]

  • 阿部浩己、今井直、藤本俊明 『テキストブック 国際人権法』 日本評論社、2009年、第3版。ISBN 978-4-535-51636-6
  • 中谷和弘、植木俊哉、河野真理子、森田章夫、山本良 『国際法』 有斐閣〈有斐閣アルマ〉、2006年ISBN 4-641-12277-6
  • 宮崎繁樹「国際人権規約の批准」、『ジュリスト』第900号、有斐閣、1988年1月、 pp. 260-61。
  • 松井芳郎(代表)、山手治之、香西茂、田中則夫、薬師寺公夫、坂元茂樹 『判例国際法』 東信堂、2006年、第2版。ISBN 4-88713-675-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]