市橋長てる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市橋長輝から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「市橋長璉」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
市橋直璉(清源寺蔵)

市橋 長璉(いちはし ながてる、享保16年(1733年)- 天明5年10月6日1785年11月7日))は、近江仁正寺藩の第6代藩主。仁正寺藩市橋家7代。

豊後臼杵藩主・稲葉菫通の次男。母は中原氏。正室は平戸藩主・松浦誠信の娘。側室に伊東氏、中西氏。子は市橋長昭(長男)、娘(畠山国儔正室)、娘(松浦信好室)、娘(稲田敏植室)、娘(高木永貞室)、娘(高木貞直室)。官位は従五位下、伊豆守。幼名は豊三郎、安之丞。通称は民部。初名は通奉、通璉。長輝とも言う。

宝暦5年(1755年)2月11日、先代藩主の直挙の養嗣子となる。直挙の養子直好(市橋直方の三男)、養子直記(市橋直方の六男)の早世のためであった。同年3月15日、将軍徳川家重にお目見えする。宝暦8年(1758年)11月24日、養父直挙の隠居により跡を継いだ。同年12月18日、従五位下伊豆守に叙任する。

天明5年(1785年)10月6日、仁正寺にて53歳で死去し、跡を長男の長昭が継いだ。法号は嶺雲院殿徹翁浄閑大居士。墓所は滋賀県蒲生郡日野町の清源寺。