西濃鉄道市橋線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
市橋線から転送)
Jump to navigation Jump to search
市橋線
乙女坂駅奥に荷役作業を行う貨物列車が見える
乙女坂駅
奥に荷役作業を行う貨物列車が見える
概要
起終点 起点:美濃赤坂駅
終点:猿岩駅
駅数 4駅
運営
開業 1928年12月17日 (1928-12-17)
所有者 西濃鉄道
使用車両 西濃鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 2.6 km (1.6 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
exSTR
昼飯線
xABZg+l KDSTeq
西濃鉄道機関庫
ABZqr+r KBHFeq
0.0 美濃赤坂駅
STR2 STRc3
JR海東海道本線美濃赤坂支線
STRc1 STR+4
市橋線
eBHF
0.5 赤坂本町駅
DST
1.3 乙女坂駅
KDSTxe
2.0 猿岩駅
exKDSTe
2.6 市橋駅

市橋線(いちはしせん)は、岐阜県大垣市美濃赤坂駅から猿岩駅までを結ぶ、西濃鉄道鉄道路線である。

東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線支線(通称、美濃赤坂線)の美濃赤坂駅を起点とする貨物線で、同駅構内の大垣方から分岐している。金生山から産出される石灰石を運ぶ貨物列車が運行されているが、戦前の1930年から1945年まで旅客営業を行っていたことがあり、大垣駅から市橋駅まで(のちに赤坂本町駅までに短縮)鉄道省ガソリンカー国鉄キハニ5000形、のちに国鉄キハ40000形)が直通運転していた[1]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

乙女坂駅から名古屋臨海鉄道名古屋南貨物駅専用線が接続する新日鐵住金名古屋製鐵所に向かう定期貨物列車が1日3往復運行されている。出荷量によっては運休することがあるが、増発されることはない[1]。昼飯線については昼飯線の項を、猿岩駅への定期貨物列車については駅一覧の節を参照。

旅客列車について[編集]

1930年(昭和5年)2月1日から、市橋駅 - 赤坂本町駅 - 美濃赤坂駅 - 国鉄大垣駅間で、国鉄キハニ5000形による直通運転を行っていた。のちに車両が国鉄キハ40000形に変更となるものの、機関は共にガソリンエンジンだったため、戦時中の燃料事情悪化に伴って1945年(昭和20年)4月に運転休止となった。以来、旅客のみを取り扱っていた赤坂本町駅も使われなくなり、廃止となった。現在は、一部が残されて駅があったことを示す石碑が建っている。

なお、旅客営業区間は1935年(昭和10年)に赤坂本町駅 - 国鉄大垣駅間へと短縮されている[2]

歴史[編集]

駅一覧[編集]

括弧内は起点からの営業キロ。()内の駅は廃駅。

美濃赤坂駅 (0.0km) - (赤坂本町駅) (0.5km) - 乙女坂駅 (1.3km) - 猿岩駅 (2.0km) - (市橋駅) (2.6km)

接続路線[編集]

美濃赤坂駅:昼飯線(2006年廃止)・JR東海東海道本線美濃赤坂線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 松本典久 (2013年). “西濃鉄道”. 貨物列車ナビ2013-2014: 70. 
  2. ^ a b 「鉄道旅客運輸廃止実施」『官報』1935年6月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年12月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年12月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『鉄道省年報. 昭和4年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、40頁。ISBN 978-4-10-790025-8
  8. ^ “大垣の西濃鉄道で貨物列車3両が脱線”. 中日新聞 (中日新聞社). (2016年10月6日). オリジナル2016年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161009125956/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016100690115745.html 2016年10月7日閲覧。 
  9. ^ “岐阜・大垣で貨物列車脱線 乗務員3人にけがなし”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年10月6日). オリジナル2016年10月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161009132326/http://www.asahi.com/articles/ASJB6452TJB6OIPE00J.html 2016年10月7日閲覧。 
  10. ^ 鉄道事故調査報告書(RA2017-9-2) (PDF)”. 運輸安全委員会 (2017年12月29日). 2018年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 廃線探索「市橋線」(歩鉄の達人) - 廃線区間のみならず全線に亘る各種設備の現状写真、および地図と空中写真