市橋政房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市橋 政房(いちはし まさふさ、慶安2年(1649年) - 寛文6年6月17日1666年7月18日))は、近江仁正寺藩の世嗣。2代藩主・市橋政信の長男。母は板倉重宗の娘。幼名、兵吉。

仁正寺藩嫡子として生まれ、寛文元年(1661年徳川家綱に拝謁。しかし、叙任も果たさぬまま寛文6年(1666年)に早世した。代わって、弟の市橋政勝が嫡子となった。