市村龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市村 龍太郎(いちむら りゅうたろう、1976年 - )は、日本のゲームプロデューサースクウェア・エニックス 第6ビジネスディビジョン所属。自称「イッチー」。

略歴[編集]

日本大学法学部を卒業後、2000年にエニックスに入社。当時のドラクエ課(後年のスクウェア・エニックス 第9開発事業部)に配属。 その後スクウェア・エニックスにてドラゴンクエストシリーズのプロデューサーを担当。2015年11月現在は、『第6ビジネスディビジョン シニアマネージャー』という肩書になっている。

プロデューサーデビューは、プレイステーション版『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』。その為、天空シリーズ(特にⅣ)を好んでおり、中でもピサロがお気に入りである。リメイク作品として製作されたが、新要素も数多く取り入れ、ファミコン版には無かった「第6章」を追加した。だが、ファンからは批判の声が相次ぐ結果となった。その後、トゥーンシェードを採用して新しい表現に成功したプレイステーション2版『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』のプロデューサーを担当。

Wii版『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』にも関わり、国内シリーズ初のイベントや戦闘にボイスを導入した(2005年発売 北米版『ドラゴンクエストVIII』がシリーズ初)。しかし、評価はあまり芳しくなかった。 またシリーズ初のアーケードゲームとなった『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』のプロデューサーを担当。シリーズ初のマルチプレイ要素を始め、ギネスブックにも登録され、社会現象を巻き起こしたすれちがい通信も搭載した、ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(2009年7月11日発売)でナンバリングタイトル2作目のプロデューサーを務めた。今作は海外版含めて出荷本数540万本を突破した。すれちがい通信のおかげで、シリーズ最高出荷本数を記録した。

2011年12月には、オリジナル作品である『超速変形ジャイロゼッター』(2014年2月にサービス終了)の原案・監修としてクレジットされていた。こちらも既にサービスは終了されているが、スマートフォンアプリ『BLOOD MASQUE』のプロデューサーも担当。

2015年1月にスマートフォンアプリ『無限∞ナイツ』のサービス開始し、10月には、小林幸子をラスボスとしてゲーム内に降臨させるコラボイベントを実施、250万ダウンロードを突破。無限∞ナイツのアプリ配信は終了されている。『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』では、チーフプロデューサーを担当 。前述の通り、天空シリーズを好んでいるのでⅣのキャラクターが多数登場した。2015年10月15日にサービスが開始されたスマートフォンアプリ『星のドラゴンクエスト』のプロデューサーを担当。CMには市村自身大ファンでもありモデルの本田翼、お笑い芸人の狩野英孝を起用。過去には出川哲朗武田鉄矢も出演していた。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]