市川都志春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

市川 都志春(いちかわ としはる、1912年1月18日 - 1998年4月29日)は、日本作曲家音楽教育者静岡県浜松市出身。

人物[編集]

音楽教育に力を入れ、多くの音楽教科書の著述、編集を務めたことで知られる。また、各地の学校で校歌の作曲を多く手がけている。

浜松市で生まれ、中学からは東京に移り住んだ。旧制市立ニ中では、福田恆存(英文学)、高橋義孝(独文学)と同期。作曲を志し、1935年に東京音楽学校の器楽部ヴァイオリン科に入り、安藤幸子ウィリー・フライに師事した。また課外でクラウス・プリングスハイムに作曲を学び、1937年本科卒業後は研究科に進んで、信時潔に半年間作曲を学ぶ。また1938年には諸井三郎に1年間師事した。

1937年第6回毎日音楽コンクールに応募した『序曲』が第3位入選、翌年の第7回は『交響曲の第1楽章』が第1位入選した。1940年、日本放送協会募集紀元2600年記念管弦楽曲には『交響組曲「春苑」』が第1席入選し、1942年にはビクター主催第1回管弦楽懸賞に『沃野』が予選通過、1943年、東宝映画主催映画音楽コンクールには『交響組曲「熱風」』が第1位入選するなど、戦時中、多方面で活動した。戦後は教育活動が主となったが、1970年代に再び大規模な管弦楽曲に手を染め、チェコを中心に海外でも紹介され、ズデニェク・コシュラー指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団による録音もある。

戦後は弟・肇(1918 - 1993)と共に教育芸術社を起こして音楽教育に携わった。

元・教育芸術社社長の市川昶史は都志春の子。

略歴[編集]

主な作品[編集]

括弧内は作詞者。

管弦楽曲[編集]

  • 交響組曲「春苑」(1940年、皇紀2600年奉祝曲
  • 管弦楽のための嬉遊曲(1940年)
  • 管弦楽のための前奏曲(1941年)
  • 管弦楽のための3つの序曲(1941年)
  • 祝典序曲「暁雲」(1941年) - 新京音楽院が募集した満洲国十周年慶祝のための祝典序曲コンクール当選作。(「音楽之友」1942年1月号に記載)
  • 交響組曲「沃野」(1942年)
  • この日暁(1942年、交響詩曲「皇軍頌歌」第四曲)
  • 日本旋法を基調とした交響曲(1977年) - 「陰の章」と「陽の章」から成る。
  • 交響的楽章「凝の章」(1978年)
  • ピアノ協奏曲「呂旋法に依る主題と五つの展開」(1981年)
  • ヴァイオリン協奏曲(1982年)

吹奏楽曲[編集]

  • 吹奏楽のための詩曲「熱風」(1942年、日本海軍に献納)
  • ブラスバンドのための「交響的断章」

室内楽・独奏曲[編集]

  • ラプソディ第2番(ベル、ヴィブラフォン、シロフォン、アコーディオン、リード・オルガン、電子オルガン、ピアノ、打楽器のための)
  • ピアノのための詩曲

歌曲[編集]

  • 歌曲集「『春の岬』より」
  • 四つの抒情歌
  • 三好達治の詩による22の歌曲
  • 新田左武郎の詩による「山上祭礼」

合唱曲[編集]

  • 交声曲「鎮魂曲」(1944年)
  • 混声四部合唱のための組曲「旅人の歌」(三好達治) - 混声三部版、児童合唱版あり。
  • 混声四部合唱のための組曲「畎畝」(三好達治)
  • 混声四部合唱のための組曲「木曜手帖」
  • 混声三部合唱のための「幻想のコロボックル」~アイヌの伝説による(久野静夫
  • 混声三部合唱組曲「はだか馬に風が吹いた」(名取和彦吉岡治松本たけし
  • 混声三部合唱組曲「歌おう友よ」
  • 混声三部合唱組曲「四つのバラード」 - 児童合唱版あり。
  • 児童合唱のための組曲「走れマラソン」
  • 児童合唱のための組曲「五つのマーチ」
  • 児童合唱のための組曲「しあわせな花」
  • こぐまの二月(平井多美子
  • どんぐりさんのおうち(久野静夫)
  • なかよしマーチ(平井多美子)
  • 春のまきば(阪田寛夫
  • 夢をのせて(中山知子)- 資料によってはボヘミア民謡またはロシア民謡とも。兼田敏によって、混声3部と吹奏楽のために編曲されている。
  • 陽気な船長

校歌[編集]

著書[編集]

  • 『学生のための音楽史と鑑賞』滝本泰三共著 教育芸術社, 1973

参考文献[編集]

  • 「音楽之友」1942年01月号
  • 楢崎洋子編著「日本の管弦楽作品表 1912~1992」日本交響楽振興財団、1994年。