市川貴之 (審判)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川 貴之(いちかわ たかゆき、1981年1月19日 - )は、神奈川県出身のプロ野球審判員。袖番号は35

来歴・人物[編集]

荏田高校東海大学を卒業後、ジム・エバンス審判学校に所属[1]四国アイランドリーグで審判員を担当し、2007年からプロ野球のセントラル・リーグ審判員となった。近年の審判員が球審を務める際、大半の審判員はスロートガード一体型のマスクを使用しているが、市川はスロートガード装着型のマスクを使用している。なお、2016年シーズンは、黄色パッドのスロートガード一体型マスクを使用している。見逃し三振の際は片脚を上げて、両腕でガッツポーズを取るような派手なアクションが特徴。 2010年8月1日横浜ヤクルト戦では4年目ながら初球審を務めた(独立リーグ経験の審判では初)。

2016年にはオールスター初出場を果たし、第2戦(7月16日、横浜スタジアム)で球審を務めた[2]

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2010年4月24日、横浜ベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ5回戦(横浜スタジアム)、二塁塁審。
  • 出場試合数:475試合
  • オールスター出場:1回(2016年
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ 審判員採用内定のお知らせ - CENTRAL LEAGUE
  2. ^ 2016年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) - 日本野球機構オフィシャルサイト(2016年7月20日閲覧)