市川猿之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
澤瀉
三つ猿

市川 猿之助(いちかわ えんのすけ)は、歌舞伎役者の名跡屋号澤瀉屋定紋澤瀉、替紋は三つ猿

初代 市川猿之助
浅草の立師の子、1855–1922。役者の門人から立役へ出世、澤瀉屋を権門にのしあげ、ついには歌舞伎界を代表する長老になった反骨の苦労人。
市村長松 → 坂東羽太作 → 山崎猿之助 → 松尾猿之助 → 初代市川猿之助 → 二代目市川段四郎
二代目 市川猿之助
初代の長男、1888–1963。欧米に留学して舞台芸術を学び、生涯新しい形の歌舞伎を模索した風雲児。「猿之助」の名跡に愛着が深く、53年間にわたってこれを使い続けた。
初代市川團子 → 二代目市川猿之助 → 初代市川猿翁(隠居名)
三代目 市川猿之助
二代目の長孫(三代目市川段四郎の長男)1939–。「劇界の孤児」という苦境を乗りこえて、明治以後は疎まれたケレンの復活で一世を風靡、古典劇を「復活」したり「再創造」したり、さらに「スーパー歌舞伎」という新境地まで切り開いた「歌舞伎の異端児」。
三代目市川團子 → 三代目市川猿之助 →二代目市川猿翁(隠居名)
四代目 市川猿之助
三代目の甥(四代目市川段四郎の長男)、1975– 。当代 。
二代目市川亀治郎 → 四代目市川猿之助